これぞ「技」の極み!カナダ生まれのこだわりの製品

自分に何かを買う時、誰かに何かをプレゼントする時、TORJA読者の皆さんは何を基準に選んでいるだろうか。値段、自分の好み、ブランドであるかどうかなど、モノを選ぶ基準は多種多様だが、やはりその道を極めたスペシャリストが手がけたモノというのは、どんなに値段が高くてもその後の「買ってよかった」という購入価値を強く感じさせてくれるだろう。そこで今回は、カナダのスペシャリストたちが手がけるこだわりの一級品たちを一気にご紹介。

こだわり抜かれた職人の時計で人生を刻む
Wilk Watchworks


Wilk Watchworksでは、時計職人のスコット・ウィルク氏がデザインから制作を行っている。ノバスコシア州の芸術大学でファインアートの学位を取得、オンタリオ州に移り、宝石・時計修理店での経験を経て独自のブランドを立ち上げた。丁寧に作りこまれた時計たちは、ダイヤルデザインや時計の駆動方式に至るまでこだわりがいっぱい。他にはない洗練されたデザインと質の高さから、彼の時計は人気が高くいくつもの有名雑誌やサイトで紹介されている。カスタム時計の注文が可能で、世界に一つだけの時計を求める多くの人々から愛されている。

wilkwatchworks.com

ラベンダーから紡がれる魅惑のアロマ
Flowers to Fragrance

ラベンダーから生み出されたスキンケア用品

左:10年以上の栽培経験のあるニック・モリス氏 右:水蒸気蒸留を利用したエッセンシャルオイルの抽出


ウェリントンに位置するこちらの農場では、豊富な種類のラベンダーから作られたエッセンシャルオイルやスキンケア用品などを中心にすべてハンドメイドで製造している。ナチュラルかつ、エコサートに認可されたオーガニック素材のみを使用する徹底ぶり。10年以上の栽培キャリアを誇る生産者と確かな抽出技術によって生み出される魅惑のアロマで、癒しの一時を演出してみてはいかがだろうか。7月上旬には、生産者たちと触れ合えるファームツアーも開催。

flowerstofragrance.com

あなたの生涯に寄り添う逸品をお届け
Popov Leather

信頼できる6人の職人たち

左:光沢と赤みがかった色味が美しい 右:作品への誠意が感じられる


2013年に発足し、着実に顧客からの評価を獲得しているPopov Leather。バンクーバーのネルソンを拠点に置き、6人の職人たちが財布、パスポートカバー、カードホルダー、ターンテーブルマットなどの革製品を誠意をもって丁寧に製作している。生涯保証付きで職人たちの作品への愛と自信が感じられるものばかりだ。来年はたくさんのレザーバックのオファーを心待ちにしていると、さらなる目標を掲げるオーナーであり製造者の一人であるライアン・パパフ氏。生涯の逸品を彼らに委ねてみてはいかがだろう。

popovleather.com

ローカルにこだわった人々を繋ぐモノづくり
HELVE HAFT & HANDLE

途に合わせた様々な大きさの包丁

左:バーの原料となる革も地元で調達 右:フィッシャー氏のデスクには愛用道具がずらり


柄から刃まですべて手作りのナイフを製造する。鋼鉄は質の高さから地元のものを使用、木材はオンタリオ州内の倒木や他のローカル製造者より回収されたものにこだわるという徹底ぶり。成形や研磨などの作業を丁寧に行い、丈夫で美しい包丁に仕上げたナイフはまるで芸術作品のよう。工房を立ち上げたスティーブン・F・フィッシャー氏は、人々が使いたい、そして次の世代へも受け継ぎたいと思うような製品作りに情熱を注いでいる。こだわりの包丁づくりを通して世界とつながり、社会や文化へ貢献を目指す。

helvehaftandhandle.com

切れ味抜群!次世代へと受け継ぐナイフを作る
Storch Knives

柄のデザインまでこだわる

左:職人のエド・ストーチ氏 右:用途に合わせて様々な種類を取り揃えている


狩猟用、キャンプ用、キッチン用、折り畳みナイフ・・・様々な用途に合わせたナイフを取り扱うのはStorch Knivesだ。職人のエド・ストーチ氏は「ナイフは刃が命だ」と語る。長年使い続けられるように、特別な処理がなされた彼のナイフは、機能性はもちろん持ち手の部分や革で作られたケースのデザインも大きな魅力だ。溶接、鍛冶屋、熱処理技術の専門的な知識を持つストーチ氏は、ナイフの知識を共有したいという思いから年に何度かワークショップを開催している。

storchknives.com

環境を考えて作られる温かみのある家具
MUMA fine woodworking

ェイン氏の手で削られる絶妙なアーチ

左:メープルの木100%のまな板 右:素材が持つ優しい風合いが出る


カナダならではの大自然を感じられるような木造家具を手がける職人、ウェイン・ムーマ氏。木材について長年学んだ彼の情熱やこだわりは、誰もが作品を通して感じ取れ、その素材を生かした色味や風合いはムーマ氏だからこそなせる技だ。環境を大切にしたいというビジョンのもと、自然との調和を考えて伐採したローカルの硬材を使用している。中でもメープル100%のまな板は、日本でネット販売されているという注目商品。時が経っても色褪せない家具を、その確かな技術で製造している。

muma.ca

自然の優しさを感じるキッチンウェア
Littledeer

木でできた子供用のナイフも

パドルの形からヒントを得て生まれた


シンプルかつ使いやすく、自然の優しさを感じられるような木製キッチン用品を販売する。使用される木は丈夫で割れにくく、細菌に強い性質を持つので非常に長持ち。特に注目すべきは”The Pot Scoop”という木べら。すくったり、混ぜたり、つぶしたり、様々な料理に大活躍。先が平らなので、鍋の側面をかくのにも最適。デザイナーのトム・リトルディアー氏は、カヌーのパドル改良時にヒントを得てこの木べらを考案。また太陽光発電などの環境保全活動にも取り組み、人間と自然の関係を大切にする思いは自身の製作にも表れている。

littledeer.ca

カナダの優れたガラス職人作品が集う
ARTS AT WORK

色鮮やかなBee Kingdom Glass

Tara Marshによるユニークな花瓶

ギフトにピッタリなCourtney Downmanの作品


3年前、金融マネジメント業で成功を収めていたリサ・ペニー氏は、自身のビジネスを開始しようと一念発起し、ARTS AT WORKを設立。ガラス芸術産業の成長と職人たちのサポートを使命とし、カナダの優れた職人たちが手がける色鮮やかで個性豊かなガラス製品を販売している。グラスや花瓶、置物など、色とりどりの美しいガラス作品は、オフィスや自宅におけば、一気に空間を華やかにしてくれる。HPには生産者の情報も記されているので、要チェックだ。ギフトとしても喜ばれること間違い無し。

artsatwork.ca

気品溢れるオートクチュールを
Di Carlo Couture


モントリオールで生まれ育ち、幼い頃よりハンドステッチなどの洋裁に目覚めてからというものファッションの世界に身を捧げてきた、オーナーのアントワネット・ディ・カルロ氏。Di Carlo Coutureではカスタムメイドのウェディングドレスとイブニングガウンを手掛けており、それらにはエレガントと女性らしい柔らかさが融合されている。使用する布や素材、そしてディテールまで彼女の鋭い審美眼を持ってこだわり抜いたドレスの数々は、世の多くの女性を虜にしている。

dicarlocouture.com

(Visited 96 time, 2 visit today)