甘いスウィーツを創りあげるパティシエたち

トロント、オンタリオで繊細なデザイン性の高いスウィーツを創りあげる
パティシエたちをご紹介いたします。


Rahier

1586 Bayview Ave. / 416-482-0917 / www.rahierpatisserie.com

rahier


to-patissierToさん
1996年オープンの老舗ペイストリーショップのRahier。オーナーのFrancoisさんに誘われオープン時から同店でパティシエを勤める。ラオス出身のToさんはベルギーでペイストリーを学ぶ。それと同時に高級チョコレートDebailleulで見習いとして働いていた際Francoisさんと出逢った。その後ブリュッセルの有名ペイストリーショップで働き、それからも向上心を絶やさず熱心に菓子作りの勉強と経験を積む。ケーキ、マカロンやパイ、デニッシュ、そしてクッキーなどの焼き菓子が広めの店内には数多く並ぶ。その商品たちは見た目も味も上品なものばかりで近隣のお客さんだけでなく、他店にも卸しているほどの人気ぶりだ。


Patisserie la Cigogne

1626 Bayview Ave. / 416-487-1234 / www.patisserielacigogne.com

patisserie-la-cigogne


thierryThierryさん
フランスでパティシエ、ベイカーとして長年の経験と実績を持つThierryさんは、旅行でトロントを訪れたことがきっかけで1995年にカナダへ移住。トロントに来てからは伝統的なフランス菓子の多国籍都市トロントの消費者に合わせたレシピを考えた。その間、George Brown Collegeでフレンチベイキングやペイストリーアートなどを教え、2003年6月にPatisserie la Cigogneをオープン。トロント向けにアレンジを加えた上品な伝統フランス菓子やデニッシュ、チョコレートなど様々な商品を販売している。のちにCoxwell駅近くに2店舗目もオープン。どちらの店舗も座席も多くあり、ランチタイムには多くの人々で賑わう人気店だ。


Patisserie V. Marie

27 Roytec Rd.Vaughan / 905-850-2888 / vmarie.ca

patisserie-v-marie


Vanessa-ElpidioVanessaさん / Elpidioさん
パティシエ兼ケーキデザイナーのVanessaさんとパティシエを務めるElpidioさんが経営するフレンチペイストリーショップPatisserie V. Marie。トロントの北部に位置するVaughanに店舗を構えており、それはまるでパリのお店のようなかわいらしい外観、内装となっている。若いおふたりだがVanessaさんはFairmont Royal York Hotel内のレストランで勤めた経験を持ち、Elpidioさんも同ホテルで勤め、のちの2011年、The Ritz-Carlton, Torontoのオープニング時にパティシエとして働く。Vanessaさんのデザインするオリジナル性溢れたケーキ、そしてElpidioさんが作る繊細なスウィーツはぜひ一度足を伸ばして食べてみたい。


Thobors

627 Mt Pleasant Rd. / 416-544-1733 / www.thobors.ca

thobors


Marc-SylvieMarcさん / Sylvieさん
ベイカーのMarcさんとショコラティエ兼パティシエのSylvieさんご夫婦で経営するThobors。どちらもフランスで勉強と経験を重ね、Marcさんが現在のロケーションの1軒南に位置するLe Comptoir de Célestinのマスターベイカーとして勤めるためにカナダへ移民。有名なフレンチレストランCélestinの人気のペイストリーショップだった。そして2008年、ひとつ隣の立地に自身のお店を起ち上げる。Sylvieさんも2010年にConcours de la Meilleure Patisserieというフランスの有名なコンペティションで優勝した技術とセンスの持ち主。地元の人々から大人気のお店でのんびりとパンやケーキとコーヒーを楽しむお客さんが毎日多く訪れる。


Patisserie 27

401 Jane St. / 416-762-2103 / www.patisserie27.com

patisserie-27


Azumi-WalterAzumiさん/ Walterさん
パティシエのAzumiさん、ベイカーのWalterさんのおふたりで経営するPatisserie 27。日本、フランスでペイストリーの勉強、そしてパティシエの経験を持つAzumiさんは以前勤めていたペイストリーショップの同僚だったWalterさんと2011年に同店をオープン。Ryusei、Misakiなど何とも日本らしい名前のケーキはAzumiさんの甥っ子と姪っ子のお名前だそう。北米に合わせて味や見た目を変えることはせず、あえて本物のフレンチスタイルのペイストリーを提供していると語るAzumiさん。オープンして以来その味が認められ、地元の人々に大人気のお店となっている。Walterさんの焼くデニッシュはとてもサクサクで美味しく、おかず系から甘いものまで豊富な種類なのもうれしい。