バンクーバーのクリエイター情報

frog_creator_production01
バンクーバーは多くの業界人が『Vancouver is no doubt becoming a world-class technology hub.』と言われる程、クリエイターのための専門学校や教育機関が連なり、外国人クリエイターの就労機会も恵まれ、業界の成長率が世界中から注目されている街の一つです。給与の基準も比較的高い水準にあり、アメリカや、カナダ国内であればトロントなどの大都市に挑戦するために、まずは北米圏での就労経験を得て実績を積み上げるためにバンクーバーへ訪れるクリエイターも非常に多く在籍しています。
私達外国人労働者は大企業への就職が非常に困難でした。大企業は外国人労働者を雇わずともスキルレベルの高い現地の人材を確保するための求人力があるためです。大きな成長を遂げるIT企業が多くなる中、バンクーバーは投資の機会の少なさが問題点とされつつ、資本を求めシリコンバレー等の投資機会に恵まれた国へ移る企業が多く、その結果バンクーバーは比較的大企業が少なくスタートアップの街として知られるようになったのです。スタートアップ企業は大企業のように求人能力を持たないため、外国人であってもスキルとコミュニケーション力が実用レベルにまで達していれば就職を検討してくれる企業が非常に多く、その結果として私達外国人であっても他国への挑戦を視野に入れて活動することが出来る、調度良い規模と特徴が出来上がったのです。近年は、日本のIT企業の進出や世界からはFacebookやアマゾン、Microsoftなどが進出し、少しづつその形を変えつつあります。