ゴルフ体験記 第3回 ゴルフに魅せられたあの日、それから…

第3回 ゴルフに魅せられたあの日、それから…

31歳の頃、パートナーと立ち上げた和食レストランがようやく軌道に乗りはじめ少し余裕が出来た当時のことです。初めて社内ゴルフコンペを開くことになりました。場所は、地下鉄ビクトリアパーク駅の近くにあるパー3のコース(デントニアゴルフ場です)。

社内コンペで恥をかいてはイケないと、前日に300ドルで買い揃えたウイルソンのゴルフ用具一式、ゴルフシューズ、帽子、手袋、全て新品で挑戦です。

第1ホール、ティグラウンドに立って、10年前に教えてもらったことを思い出しながら思いっきり振りました。ナイスショット!

「あれっ、ボールが動いていない…?」

言うまでもなく、空振りです。それまで静かに見守っていた社員連中が、わっは、は、は、と大声で笑うのです。きまりの悪いこと…、恥ずかしいこと…。その日は何とかみんなでワイワイと無事終わりましたが、我胸の内は悔しくて落ち着きません。丁度そんな折、我が家にやってきた先輩が、「ほぅ、ゴルフを始めたのなら一つ教えてやろう」と言って「ゴルフのフォームは、尻をこんな風に落して…。グリップはこの様に…。スイングは…」といろいろと手振り身振りで教えてくれます。我ゴルフの2番目の先生です。

golf-memoir1702
翌日、打ちっ放し練習場で先輩に言われた通り試してみると、そこそこ飛ぶじゃないですか。うれしくなってきて、もう無我夢中で打ち続けました。その先輩とは今も時々ゴルフにご一緒させてもらっていますが、この頃はレッスンをしてくれなくなりました。ただ、ハンディを8点よこせだの、10点よこせとはおっしゃいますが…。


golfカナダ・ゴルフ・ティーチングプロ 藤井 勇
ゴルフ暦:38年 オンタリオ公式ハンディキャップ:7

2006年9月25日にオンタリオ州クロスウインズ・ゴルフクラブで行われた2006年度カナディアン・ゴルフティチャーズカップに初挑戦し、スー パーシニア部で初優勝。2007年10月にラスベガスで開催されたゴルフティチャーズ・ワールドカップにカナダ代表として初出場、スーパーシニア部門で4 位入賞。2009年度カナディアン・ゴルフティチャーズカップに再挑戦し、スーパーシニア部門で2度目の優勝を飾った。