マイゴルフ~ゴルフのススメ~第42回

Q&Aビギナーのための予約方法、準備する物、エチケット等について

ゴルフについて読者からのご質問にお答えするQ&Aで掲載しています。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。お問合せ先は、info@torja.ca まで。回答は右打ちスイングでお答えします。左打ちは全て逆になります。ゴルフ暦: _、ハンデー: _(又は平均スコア:_)、
年代: 20歳以下、20~40歳、40~60歳、60歳以上、また性別: 男性、女性をご記入下さい。

Q.ゴルフを始めたばかりです。ビギナーでもプレイできるゴルフ場を紹介して下さい。予約方法、準備する物、エチケット等について詳しく教えて下さい。

ゴルフ暦:ビギナー、ハンデ-:なし、30代、男性

A. 今回はウォーター・ハザードにボールが入った場合の取り扱い、間違いやすいペナルティ、知っておくべきマナー、ルール等について解説します。
■ ウォーター・ハザード内において

ウォーター・ハザードとは、ゴルフコース内にある池、川、湿地帯などの地域を言います。ウォーター・ハザードの境界線は黄色杭と黄色いラインで示され、ラテラル・ウォーター・ハザードの場合は、赤杭と赤ラインで示されています。どちらの場合も、そこにボールが入ったことが分かっているか、ほぼ確定な場合は1打罰で救済を受けられるが、入ったことが不確定、又はそれを立証出来なければロストボールとしての処置を取ることになるので注意。

ウォーター・ハザード内のボールかどうかの判断は、ボールが少しでもハザード・ラインに触れていればハザード内のボールとみなします。

ウォーター・ハザード内では自分のボールかどうか、拾い上げて確認することが出来ます。確認後、元の位置にリプレースする。誤球すると2ペナです。

ウォーター・ハザード内に入ったと思われる場合は暫定球を打つことが出来ません。暫定球を打った場合、そのボールはイン・プレイとなり、元のボールがハザード内で見つかってもそこから救済を受けることは出来ません。

黄色杭のウォーター・ハザードと赤杭のラテラル・ウォーター・ハザードの違いは、下表のように救済を受けて、ボールをドロップできる場所の選択肢にあります。

■ ウォーター・ハザード 黄色杭とラテラル・ウォーター・ハザード 赤杭の違い

ウォーター・ハザード

  1. 打ち直し (ストローク・アンド・ディスタンス)この場合は2打罰で進行。
  2. ハザード・ラインを横切って入った点 と ピンを結んだ 後方線上にドロップ距離に制限なし1打罰。
  3. 罰無しで、あるがままの状態でプレイる。

ラテラルウォーター・ハザード

  1. 打ち直し(ストローク・アンド・ディスタンス)この場合は2打罰で進行。
  2. ハザード・ラインを横切って入った点 と ピンを結んだ 後方線上にドロップ距離に制限なし1打罰。
  3. ハザード・ラインを横切って入った点から 2 クラブ・レングス内にドロップ1打罰。
  4. ハザード対岸のホールから同距離地点から2 クラブ・レングス内にドロップ1打罰。
  5. 罰無しで、あるがままの状態でプレイする。

以上の救済の選択肢があるが、必ず同伴競技者の了解を得た上で処置を行うことが決められています。


golfカナダ・ゴルフ・ティーチングプロ 藤井 勇
ゴルフ暦:38年 オンタリオ公式ハンディキャップ:7

2006年9月25日にオンタリオ州クロスウインズ・ゴルフクラブで行われた2006年度カナディアン・ゴルフティチャーズカップに初挑戦し、スー パーシニア部で初優勝。2007年10月にラスベガスで開催されたゴルフティチャーズ・ワールドカップにカナダ代表として初出場、スーパーシニア部門で4 位入賞。2009年度カナディアン・ゴルフティチャーズカップに再挑戦し、スーパーシニア部門で2度目の優勝を飾った。