ピタットハウスでおなじみ!スターツリアルティカナダ 増田 利加さん インタビュー [TORJA 企業研究]

海外不動産のプロフェッショナルとして、 30年に渡り世界各地で日本水準のサポートを提供している スターツグループが、トロントオフィスをオープン!

starts-rika-masuda01
建設・不動産・管理事業を中心に出版や金融事業なども行うスターツグループが、この度カナダ初、22カ国34拠点目としてついにトロントにオフィスをオープン。カナダ進出に伴い、トロントオフィスに赴任された増田さんにお話を伺った。

●スターツグループの主な事業活動について教えてください。

弊社は1969年に東京江戸川区を拠点とした不動産業を創業。主に建設、賃貸や売買の仲介、そしてそれら物件の管理事業まで一つの場所で様々なサービスを受けられるワンストップサービスをさせていただいております。また、金融コンサルティングや高齢者支援・保育事業、ホテル・レジャー・物販・飲食事業、メディア事業では首都圏での女性向け情報誌“OZ magazine”、東京の地下鉄メトロや江戸川区のタウン誌を手掛けるなど、幅広く事業展開をさせていただいております。

●スターツの海外事業と致しましては、どのように展開されているのでしょうか?

海外進出される日系企業様の不動産まわりのお手伝いとして、日本から海外へ、または海外から海外へ赴任される際の住宅探しのサポートはもちろん、オフィス・店舗等の商工物件のご紹介、ご帰国時の住宅斡旋、投資の一環として海外にも不動産を所有されたいという方向けの海外不動産の紹介もさせていただいております。現在の規模と致しましては業界最大級22カ国34拠点を誇り、フランチャイズではなくそれぞれの土地で現地法人として運営させていただいているというのは、日本の不動産会社の中では唯一かと思います。

starts-rika-masuda02

●トロントオフィスではどのようなサポートを提供していらっしゃいますか?

他の海外拠点同様、賃貸用のお部屋探しやオフィスその他の商工物件のお探しのお手伝い、新生活セットアップを中心とし、トロントやその他海外都市、日本での不動産の売買コンサルティング等を行っています。賃貸契約や新生活スタートには、銀行口座の開設、免許証書き換え、OHIP(健康保険)やテナント保険の申請、電気やインターネット等のインフラ開設など、日本と異なる様々な事前準備が必要となります。

弊社では単なる物件のご案内だけではなく、そのような新生活に必要な各種手続きのサポートをはじめ、ご入居中のメンテナンス時などにおけるオーナー様との連絡サポートや生活情報サポート、お子様の学校情報のサポートなど、お客様のニーズに合わせた新生活に必要なサービスを提供させていただきます。また日本はもちろん、世界各地にオフィスを展開しておりますので、ご帰国時や転勤の際のお部屋探しのサポートも可能です。

●増田さんは中国語も堪能だと伺いました。どのような経緯で現在のお仕事をされるに至ったのでしょうか?

もともとメディア関連の仕事に就いていましたが、結婚後に中国に移住し、そちらでは現地の方にお話を聞いて情報紙を作成する仕事や、新しく中国に赴任される日本の駐在員の方向けのサポートの仕事をさせていただいておりました。そんな時、スターツの海外事業部の求人募集を見つけて応募したことがきっかけで現在に至ります。スターツグループ入社後は東京で経験を積みながらハワイやロサンゼルスでも研修しました。このように学んできた海外不動産の知識やリロケーションサービス、中国で培った経験、中国語のスキル等を活かせることができる地を探した時に、マルチカルチャーな都市であるトロントに大いに魅力を感じました。

●実際にご赴任をされてトロントの印象はいかがですか?

まず、一番強く感じる点は中国の方を中心としたアジア人の方が非常に多く住んでいるということです。そのような影響もあり、ラーメンなどの日本食やユニクロ、MUJIなどの日本ブランドが現地の方々にとても親しまれ、受け入れられているという印象を受けますし、何より日本人の方にとっては非常に生活しやすい環境があると思います。私としましても、トロントから日本の皆様に向けてこのトロントの良さをもっと発信していけたらと考えております。

●ハワイに代表されるリゾートマンションの購入など、他の海外都市での不動産購入のサポートはトロントに住んでいる方でも受けられるのでしょうか?

もちろんです。弊社の強みであるワンストップサービスを生かし、トロントにお住いの方が海外の不動産を購入されたいという時でも、海外に幅広く支店を持つ弊社が手厚くサポートをさせていただきます。個人的に不動産投資先として魅力的だと思うのは、ニューヨークのマンハッタンやハワイです。

特にハワイにある物件の外国人バイヤーで2番目に多いのはカナダ人という統計も出ていますし、中でもホテルコンドと呼ばれるコンドミニアムはホテル会社に管理・運営を委託でき、自分が宿泊したい時には住居としてその期間は住むことができるという日本の方々にも非常に人気のある不動産です。

●読者の皆様にメッセージをお願い致します。

これからトロントへ来られる方には赴任後の新生活がより充実したものになるように、お客様一人一人のニーズに合わせたきめ細やかなサービスをご提供したいと思います。また、日本やその他海外といったカナダ国外での不動産をお探しのお客様のお手伝いもさせていただきますので、不動産に関するお困りごとがございましたら、ぜひ弊社にお気軽にお尋ねください。