スバルで巡る秋の紅葉ロードトリップ「ケベック・シティ郊外」|Ontario Outdoor Life with SUBARU

のどかな雰囲気漂うオルレアン島

今からチェック!感謝祭の連休に合わせて訪れるケベック・シティ郊外。
大自然に佇む別荘地エリアを彩るメープルと神秘的なパワースポット

 少しずつ夏の終わりを感じる9月のトロント。中旬を過ぎると秋の気配が漂い、カナダの秋シーズン最大のハイライト、紅葉の季節がやってくる。

 紅葉の見どころといえば、ここトロントだと「アルゴンキンパーク」や「ナイアガラエリア」、そして日本からの旅行者も多く訪れる「ローレンシャン高原」や「モントランブラン」に足を運ぶ人も多いだろう。
 もちろんそれらの紅葉は世界的にも有名で是非一度は訪れる価値があるが、今回は新たな紅葉スポットを探している方にロードトリップの醍醐味を味わえるおすすめエリアを紹介したい。

 どのエリアも大変混み合う季節。ぜひ今からサンクスギビングデー(感謝祭)の連休に合わせて遠出を計画してみるのはいかがだろう?

飽きることのないロードトリップが体感できるケベックまでの道のり

エッジの効いたボディラインが大自然の中でたくましいほどの存在感を放つ

 世界遺産にも登録された中世ヨーロッパの雰囲気がそのまま残っているケベック。紅葉の季節に合わせて行楽地とともに訪れる人も多い。トロントからクルマでおよそ8~9時間ほど、途中「サウザンド・ アイランズ」の絶景と歴史的建造物が点在する「キングストン」や北米のパリと呼ばれる「モントリオール」を経由するなど立ち寄れるところも魅力的で、ハイウェイ中心の道のりでも彩り豊かな景観を眺めながらのロードトリップはドライブの愉しみを体感できる。

ケベック・シティからクルマで30分から60分の間に広がる大自然に囲まれた別荘地

奇跡の教会には世界中から多くの人が訪れる

 このエリアは「神秘的なパワースポット」としても世界的に知られており、北米三大巡礼教会で奇跡の教会と呼ばれている「サントアンヌドボープレ大聖堂」、今もフランス統治時代の建物が数多く残っているセントローレンス川に浮かぶ小さな小島「オルレアン島」、30の湖から流れ出た水が、ナイアガラの滝よりも30メートル高いところから落ちる滝「モンモランシー滝」などが有名だ。

セントローレンス川を眺めることができるコテージが点在している

クリエイティブでユニークなエリアを見渡す紅葉の名所

 これらの神秘的なスポットも紅葉の季節は彩り豊かなカエデが情緒豊かな雰囲気を盛り上げてくれる。そして是非訪れてもらいたいのはこれら一帯を見渡せる「モンサンタンヌ山」や燃えるように赤く染まった葉が一面に広がる「サンタンヌ渓谷」だ。「モンサンタンヌ山」は頂上まで紅葉の中をハイキングが可能だし、渓谷は3基の吊り橋を渡る満点のスリルと深い谷間から紅葉を望むことができ、どちらも訪れる人を魅了する絶景スポットなので是非おすすめしたい。

大人から子どもまで楽しめるアクティビティも充実している「サンタンヌ渓谷」

スキー場としても有名なモンサンタンヌ山は秋も多くの人で賑わう

走る愉しみを提案するスバル

 とはいえ、気持ちの良いロードトリップをするためにはクルマの走りの質はとても大切だ。なぜスバルが極上の走りを実現してくれるかというと、走ることを愛する人を虜にするスバル独自のプラットフォームに他ならない。

 まず、加速が滑らかで、高い走破性を誇る「水平対向エンジン」と四輪駆動システム「シンメトリカルAWD」の融合によって低重心の安定感と軽快さを実現している。この構造はスバルが築き上げてきたオリジナルの技術で、他メーカーでは体感できないハンドリングの優れた応答性や地面に吸い付くような安定感でドライブを愉しめる。

もちろん安全性能の高さも忘れてはいけない

 前回までの「おすすめキャンプエリア」シリーズでもお伝えしてきたが、スバルが長年培ってきたテクノロジーが詰め込まれているアクティブ・セーフティーの要「アイサイト」を代表とする機能は、安心をテーマにしているスバルだからこその装備が備わっている。車線中央維持や車線逸脱抑制といったステアリング操作をアシストするアクティブレーンキープ、ステレオカメラで前方の光を検知し、自動でハイビームやロービームを切り替えてくれるハイビームアシストなどは、 特に疲れが溜まっている帰路の長時間ドライブで運転手をアシストしてくれるのでとても心強いだろう。