「タカラベルモント・カナダ」 オフィス移転&ショールーム拡大 記念セレモニーが開催

 カナダ法人設立から53年の月日が流れ、今や日本同様、カナダでも理美容業界や医療業界でハイクオリティの高級椅子メーカーとして知られる「タカラベルモント」。6月7日、カナダ本社移転とショールームの拡大を記念したセレモニーが開催され、在トロント日本国総領事の伊藤恭子氏やミシサガ市長ボニー・クロンビー氏、ミシサガ市議会議員のパット・サイトウ氏を来賓として招き、業界関係者の方々を中心にたくさんの人々が出席した。

 1921年に大阪で設立されたというタカラベルモントは、医療業界や理美容業界の高級椅子機器メーカーとして業界最大手としてグローバルで成長を遂げてきた。カナダでは1966年にオンタリオ州ミシサガ市を起点に発展し、医療業界を中心に様々なハイブランド製品を提供している。

「新しいオフィスは皆さんとの友情と結びつきの象徴」

 司会者に紹介され、温かい拍手で迎えられた織田社長。日本文化である太鼓の演奏を来場者が鑑賞し楽しんだ様子に笑顔を見せ、移転のお祝いに駆けつけてくれた業界からの来場者、忙しいスケジュールの中お祝いに駆けつけた伊藤総領事やミシサガ市長に深く感謝の意を述べた。また、「社員たちの努力が今までのビジネスを支えてくれた。とても誇りに思う」と、社員にも感謝を述べた。

タカラベルモント織田社長

 「この新しい本社ビルは、皆さんとの友情・結びつきの象徴となると思う」と述べた織田社長。2階にオープンした広大なショールームについても紹介し、「このショールームを自分のものとして使ってください。実際にお客様をお連れして、存分に体感してもらってください。スタッフが喜んでお手伝いいたします」と積極的な利用を勧めた。最後に、カナダの理美容産業をリードしていく存在としての展望を語り、タカラベルモントの今後の発展への意気込みを語った。

「日本企業の成功はミシサガの成功」

ミシサガ市長ボニー・クロンビー氏

 ミシサガ市長のボニー・クロンビー氏は、「こんにちは」と日本語であいさつし、招待されたことに感謝を述べた。次いで、「ミシサガを本部設立に選び、50年にわたり利用してくれて本当に感謝している」とコメント。

 ミシサガには100を超える日本企業が集結しているといい、日本企業との経済的な結びつきが強いと述べた。さらに日本とカナダの修好条約から90年となる外交の歴史に触れ、「日本企業の成功はミシサガの成功でもある」と強調した。タカラベルモントがリードする医療機器、理美容業界は成長産業であるといい、「業界の将来は明るい」とメッセージを贈った。

「タカラベルモントは『ドリームチェアー』を提供している」

 伊藤総領事は冒頭で、「美しいミシサガという都市で、タカラベルモントの新オフィスのオープニングセレモニーに招かれとても光栄です」と挨拶を述べた。

 続いて、タカラベルモントが、独自の明るい文化を持ち新しいアイデアに歓迎的な大阪で発祥し、発展してきたことに触れた。第二次世界大戦のあと世界に進出したカナダでも、50年以上愛されていると紹介し、「理美容機器から始まったタカラベルモントは、今では歯医者さんや病院などにも機器を提供している」とタカラベルモントの商品の幅広さや社会への貢献性について語った。

伊藤総領事

 「美容院に比べて歯科医や病院に行くのは楽しくないものだが」と会場の笑いを誘いながらも、そんな場面でも「タカラベルモントは『ドリームチェアー』を提供している」と語った。タカラベルモントは、質の高い商品で人々に安心感と満足感を与え、日本のビジネスを支えている存在だと賛辞を贈った。

 「新しいビルのオフィス建設は、タカラベルモントが長きにわたりいかに信頼を築き上げてきたかを表し、尊敬や愛情を確立してきた証明だ」とした。最後にタカラベルモントの「宝」の意味を来場者に説明し、これからも「人々に美しさや健康を届ける存在」として、日本カナダ、そして世界で発展していくことを願うと語った。

「タカラベルモントは顧客をハッピーにし続けている」

ミシサガ議員パット・サイトウ氏

 ミシサガ市のパット・サイトウ氏は、「なんて素晴らしい日でしょう」と喜びを露わにし、品質や製造技術の先進性でデンタル業界、美容業界をけん引しているタカラベルモントの素晴らしさを褒め称えた。社員やタカラベルモントがこれまで社会や人々の生活に貢献してきたこと、そして心地よい空間を提供してきたことにも、感謝を述べた。タカラベルモントを、「顧客をハッピーにし続けている」存在と位置付け、今後の成功への期待感を述べた。

「美しく健康に生きるという世界中の人々の普遍の願いに貢献する」

吉川朋秀・常務取締役

 レセプションには、日本から創業家4代目の吉川朋秀・常務取締役も出席。長きにわたる周囲のサポートと、来場したミシサガ市長、伊藤総領事らに深く感謝を述べた。スピーチでは会社の沿革にも触れ、「美しく健康に生きるという世界中の人々の普遍の願いに貢献する」という同社の企業理念を紹介し、さらなる貢献を誓った。

セレモニーは永田社中の太鼓演奏で幕開け

創業家4代目・常務取締役の吉川朋秀氏に聞く、タカラベルモントが世界で評価されるわけ

ーオフェス移転、そしてショールーム拡大を業界関係者の皆さんにお披露目できた感想を教えてください。

 カナダに来るのは初めてでしたが、たくさんの方にお祝いにお越しいただき、大変うれしいです。当社の歴史は長いですが、このイベントで気持ちを新たにし、これからも医療業界や理美容業界で安全・安心を提供して、皆さんと一緒に成長したいと考えております。

ーカナダ市場でも長い歴史と信頼を得ていますが、さらに今後どのように貴社の製品をより一層浸透させていきたいとお考えですか?

 医療業界では、カナダに合った形で進化していくことが問われます。当社はカナダで一位のシェアを誇りますが、さらに受け入れてもらえるように努力したいと考えています。美容業界では当社は高級椅子のイメージが強いですが、日本ではサロンの立ち上げや美容師の教育などトータルの提案をしているので、カナダでも何かプラスアルファの提案をしていきたいですね。

 また、チェアのビジネスは価格競争などもあり課題も多いですが、当社の強みを活かし、欧米市場に浸透していない「ヘッドスパ」を提案・導入していきたいと考えています。カナダでは規制の関係で日本のように化粧品ビジネスをまだ展開できていないですし、椅子の販売だけで終わってはいけないと思っています。当社の製品は高品質ゆえに長持ちしてしまうので、その間どう顧客とビジネスを繋げていくかを考える必要があると思います。

ーカナダ社の展望をお聞かせください。

 美容と医療は法規制で完全には融合しません。美と健康をどう届けるかにフォーカスしていきたいと考えています。我々が日本で展開してきたことを、他社に先駆けてどう世界で水平展開してくか考え、各国の経済環境を考えながら浸透させていきたいです。また、日本でできなかったことを世界各都市のチャレンジできる場所でトライしていくことも考えています。

ーエンドユーザーである読者にメッセージをお願いします。

 我々の椅子は縁の下の力持ち的な存在です。当社を知らない方も多いと思いますが、美容院にいるときに気持ちよくて寝てしまったりしたら、もしかするとその座り心地の良い椅子は当社の製品かもしれません。ぜひ一度確認してみてください。

織田カナダ本社社長に聞く新社屋開所式をふりかえって

ー多くの方がお見えになり、大盛況に感じましたがいかがだったでしょうか?

 おかげさまで開所式は盛況のうちに終えることができ、ホッとしています。ご臨席の皆様、当社社員ともに楽しいひと時を過ごしていただいたものと感じています。特に伊藤総領事からのご祝辞には大変感銘しました。公務でご多忙にも関わらず、当社のことをしっかりと調べてくださり、それにユーモアを加えた有難いお言葉の数々に感謝しかありません。

 料理についても「TOKYO SUSHI」さんによる寿司バーは舌の肥えた日本人の皆様にも好評で、これもプラス要因となりました。優秀なイベント会社を選定し、綿密な打合せでしっかりとオーガナイズしてくれたスタッフに感謝です。

 ご臨席いただいた当社取引先各社の皆様とのビジネスが今後更に発展することを期待させてくれる式であったと思います。
 

ー拡大・充実したショールームを見学した関係者の方々の反応を教えてください。

 当社のビジネスを初めてご覧になられたお客様は、当社が何をやっているかよく解らない存在から、具体的に何をしている会社であるかご理解いただけたものと思います。また、こんなニッチな業界でビジネスが成立していることに驚かれた方もいらっしゃると思います。
 当社と既に関係のあるお客様は、予想していたよりも意外とやりおるな、という感想を持たれたのではないでしょうか。お客様、社員、本社役員共通して、想像していた以上の仕上がりに好感を持っていただけたものと感じています。
 

ー今後カナダ市場に対してどのようなサービス・アプローチを提案していく予定ですか?

 商売についてはこれまでと特に変わることはありません。またカナダ特有の方法を用いることもありません。愚直に日本製高品質製品とお客様の立場で考えるサービスを提供していきます。

 当社はエンドユーザーに直販せず、全て代理店を通して販売しています。代理店がどのメーカーを優先して販売するかは、リベートや値引率等の直接損益に関わる部分でその方針が決められることが多いのですが、当社は値引き競争には持ち込まず、品質競争に持ち込み勝負をかけます。

 代理店が利益を得るポイントは、売上を得た時点は勿論ですが、アフターサービス・部品交換・修理をいかに減らすかも大変重要です。当社製品のアピールポイントはまさにそれで、日本製の高品質製品=手離れが良い=アフターに掛かる費用(人件費・材料費)が少ない、ということを売りにしています。

業界関係者に聞くタカラベルモント製品の魅力

ヘアサロン「Balance」オーナー
ユキヒロさん

 私自身、日本・イギリス・カナダと美容師として渡り歩いてきましたが、タカラベルモントの製品は他のメーカーに比べ、クオリティが圧倒的に高いと思います。トロントでのスパ人気を考えると、これからヘッドスパの需要がもっと高まってくると思っています。私どもの店舗でもヘッドスパは今までサイドメニューだったのですが、これからはメインメニューに据えたいと考えています。個室を用意して、タカラベルモントの製品を導入し、お客様に特別感とリラックスできる空間を提供していこうと計画しています。

サロンマガジン社
Anna Lee Boschettoさん

 タカラベルモントはミシサガのみならずカナダ全体の理美容界で存在感を放っていると感じています。その魅力は優れたデザイン性、美容サロンのサポートを通じて人々に美を提供していることにあると考えています。ブランドとしても、革新的で、清潔感があり、高品質なので試したことがないサロンオーナーも是非そのクオリティを実感してほしいと思います。タカラベルモントは業界をリードする存在なので、これからも、理美容業界の先頭に立つ存在として、大いに期待を寄せています。