タタンさんインタビュー

tatansan-interview-03国内外問わず
インディーズで精力的に活動する漫画家
タタンさんインタビュー

今回古い友人であるアメリカ出身の漫画家・イラストレーターであるAbby Densonさんと一緒にTCAFに参加したタタンさん。日本のみならずAbbyさんと一緒に様々な海外イベントに参加する彼女にTCAFの印象やAbbyさんとの出会い、海外での活動について語ってもらった。


TCAFの印象や日本と海外のイベントの違いはどうですか?

私はトロントもTCAFも今回が初めてです。元々私もAbbyも漫画を描いていて、彼女はTCAFに何度か参加していたようで今回一緒に参加しようと誘われてきました。イベント自体はまだ一部しか回っていないのですが、日本のコミティアと雰囲気が似ている感じがします。見に来てくれている人は日本よりもっとオープンな印象ですね。ここに限らず海外のイベントは私からも話しかけやすいですし、話しかけてくれる人がとても多いです。

Abbyさんと出会ったきっかけは?

出会いは1996年に私がニューヨーク旅行に行った時に手に取ったインディーズの漫画がきっかけです。それがAbbyの作った漫画で内容も面白く、日本にも興味があると書いてあったので私の方から手紙を出しました。その後やり取りを続け、何度か彼女が日本に来たり、私がまたニューヨークに行ったりするうちに交流が深まっていきました。インターネットの普及に伴って直接会うことは減りましたが、交流は続け、ここ数年また様々な海外イベントに一緒に参加するようになりました。

海外イベントに参加するきっかけをくれたアビー(左)と一緒に

海外イベントに参加するきっかけをくれたアビー(左)と一緒に

(左) 和やかな絵柄が可愛い作品  (右)オリジナル四コマの主人公よっちと猫のにゃーにゃー

(左) 和やかな絵柄が可愛い作品 (右)オリジナル四コマの主人公よっちと猫のにゃーにゃー

漫画を描き始めたきっかけはなんでしたか?

絵を描き始めたのは単純に漫画が好きだったからです。中高生の頃はあまり投稿とかはするわけではなかったですが、密かに漫画家になりたいなー、と夢見ていましたね。でもあまり絵も上手いわけではなかったので、最終的には就職して今も仕事をしながら漫画を描いています。ただ、自分の好きなことを続けるために正社員としてではなく、派遣社員として仕事を続けています。もちろんイベント前の準備や締め切り前には両立が難しくなったりもしますが、そこは好きでやっているので頑張ります。

英語はどのように勉強されましたか?

Abbyとのやり取りを通して学んでいった部分が大きいですが、昔は海外ドラマを観てリスニングをしていましたし、今おすすめなのはツイッターでBBCなどのニュースを読むことです。初めから長い記事を読むのは大変ですが、140文字にまとまっているので続けやすいですし、気になる記事を見つけたら全文読んでみればいいと思います。興味があるので単語を調べることも余り苦にならないのが利点です。

海外活動の楽しいところは?

海外のイベントで楽しいのはやはり出会いですね。海外の方でも漫画家さんは私たちが思っているほど社交的じゃない人もいるのですが、Abbyはその真逆で、アメリカ人の中でも特に社交的な方なので、いろいろな人に紹介してもらったり経験できたりするのが楽しいです。他には日本の漫画だけみていると「こう描くと受ける」みたいなスタイルがありますが、こっちでは本当にいろんなスタイルや種類があるので勉強にもなりますし、刺激を受けます。また私の漫画が日本の典型的な漫画のスタイルにはまっているわけでもないので、こちらでは“Oh Cute”とか言ってもらえると嬉しかったりします。

多くの海外イベントに参加されていますが、文化の違いなどに戸惑うことはありますか?

英語も完璧に喋れるわけではないのでコミュニケーションが上手くいかないことはありますね。でも文化の違いに戸惑うことはあまりなくて、逆にとても興味深いなと思うことの方が多いです。イベントを通して出会う人は特に漫画好きという共通点があるので安心している部分もあるのかもしれません。きっと長期で滞在するとまた違った風に感じるのでしょうね。

行動力溢れる夕タンさんから今ワーホリで頑張っている読者にメッセージをお願いします。

自分のアイディアを大切にして欲しいですね。例えば私の場合は前から漫画の無料配布分を作って配っているのですが、今となっては自分の活動の幅を広げるという意味でやっていて良かったと思います。他にやっている人がいないからと不安になって自分のアイディアを諦めないでやってみてください。挑戦することで自分の地力になると思うので、人の意見ばかり参考にしないで自分の意見、アイディアをもって行動してください。

タタン(ゆうたん)プロフィール
yocchi-nya-nya.com

コマ作家・イラストレーターとして東京を中心に活動中。2004年からよっちのフリーコミックシリーズをスタート。派遣でWEB制作の仕事をしながら、海外で開催されている漫画イベントにも積極的に参加し、活動の幅を広げている。