日加修好90周年記念として行われた写真コンテストでTORJA賞を受賞 建部早枝子さん『Third Place』|特集「憧れ・出会い・交流 ニッカナインティー」


在トロント日本国総領事館主催で日加修好90周年記念として行われた写真コンテスト”Japan, Canada, and Me”でTORJA賞を受賞。

 2012年にカナダに留学で来てワーキングホリデーを経て、現在はトロントの日系企業に勤務する建部早枝子さんに受賞の喜びを伺った。

■受賞の喜びを教えてください。

 まさか自分が受賞するとは思っていなかったので、ただただ驚きました。選んでいただけて恐縮してしまうと同時に光栄でもあります。

■応募のきっかけを教えてください。

 TORJAの記事を拝見してコンテストを知りました。日加間の特別な年の記念になればと、思い切って応募しました。

■写真のコンセプトを教えてください。

 ネイルはちょうどカナダデーのお祝い仕様にしていました。一方はカナダ国旗モチーフのメープルリーフ、もう一方は私が日本から来ていたので日の丸にしました。背景はビーチです。日本でも海の近くに住んでいたので水辺に行くことが好きなのですが、ビーチや空を見ていると、カナダにいても日本の家族や友人とつながっているような気持になります。この足で日本からカナダへ渡ってきました。

■カナダの良いところ、カナダにいて感じる日本の良いところなどを教えてください。

 色々あります。カナダの良いところは、日本にいたときより世界の情勢を身近に捉えられることや様々なものの考え方や価値観に触れて刺激を受けること、教育面で年齢や人種を問わずに受けられること、家族や友人のありがたさを深く感じさせてくれるところです。

 そして、日本の文化や伝統の魅力に改めて気づきました。日本の極め細やかさや正確さは随一だと思います。