カナダといえばやっぱりティムビッツ!その誕生ストーリーに迫る|トロント丸ごとドーナツ特集

カナダ人LOVE「ティムホートンズ(Tim Hortons)」の大人気商品“ティムビッツ(Timbits)”とは

 “Double Double”(オリジナルコーヒーにお砂糖をダブルとミルクをダブル入れた、同店で人気の注文方法)などのカナダ人に愛されて止まない大人気コーヒーチェーン「ティムホートンズ」。1964年にカナダのナショナル・ホッケーリーグの伝説的存在ティム・ホートン氏が設立してから、長くコーヒーとドーナツのチェーン店としてカナダ国民から愛されてきた。

 その人気はやむことなく、現在ではカナダ全国で3665店舗以上を展開する巨大ファストフード・チェーンとなっている。最近では上海にもオープンさせるなど勢いを増すばかり。本業だけでなく、スポーツクラブのスポンサーや社会貢献活動を通じて、多くの人々に支持されている。

 そして同店で忘れてはいけないのが何といっても1976年に誕生した「ティムビッツ」。ドーナツが並べられているショーケースの中に、ドーナツホールとよく似たボール状の一口サイズのドーナツだ。今回はドーナツ特集に合わせて、みんな大好きティムビッツの誕生秘話や人気の秘密を徹底調査!

人気の証

●総売上数

 ティムホートンズの情報を集めたサイト「Inside Timmies」によると、1976年の発売当初から34年間の総売り上げ数を長さにして表すと、なんと40万キロ!これはカナダ全土の舗装された道路の合計にほぼ等しいとのこと!調査からすでに数年を経ているので、現在の数を考えるだけでも驚きだ!(2014年調査)

●1号店はハミルトン

 ティムホートンズ発祥地は、トロント郊外のハミルトン。第1号店には、Tシャツやマグカップなどの専門グッズ販売や、開業以来の歴史をたどる展示がなされている。

●社会的影響力

 今年2019年には、ツイッターで「#OtherUsesForTimbits」のハッシュタグでの画像・動画投稿が話題となった。「ティムビッツとは何なのか」という問いにユニークに答えるというもので、なかにはジャグリングをするといったものや、あられの大きさを測る指標として使うというユニークなものもあり、多くの反響を呼んだ。

1、雹の大きさを測るもの

2、ジャグリングするもの

3、ど派手にデコレーションしたもの

4、Kabob上に刺したもの

5、絵文字のように使用したもの

誕生から約43年。「ティムビッツ」が愛されるわけ

あれもこれも!バラエティ豊かな10種類のフレーバー

  • Apple Fritter
  • Honey Dip
  • Old Fashion Plain
  • Old Fashion Glazed
  • Chocolate Glazed
  • Sour Cream Glazed
  • Blueberry
  • Strawberry
  • Raspberry
  • Lemon

 過去にはColaやCotton Candy、そしてカラフルなBirthday Cakeもあったそう。2019年1月には、“Double Double”テイストが発売され話題に!

View this post on Instagram

Have your Double Double and eat it too! Introducing, the Double Double Timbit☕.

Tim Hortonsさん(@timhortons)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

Good morning! This is happening #ColaTimbits #CottonCandyTimbits

Food & Travel • Canadaさん(@gracelisamay)がシェアした投稿 –

いつでもどこでも!仲間とシェアして楽しめる

 クリスマスにはツリー状にデコレーションしたり、バースデーケーキにトッピングしたり、母の日のブーケとして誕生したりと、年中のイベントでも大活躍!

価格以上の満足感!

 通常は10個入りで2.39ドル、20個入りで4.09ドル、50個入りで9.09ドル(いずれも税抜き価格)と、お財布と相談する必要はなく、ちょっとしたおやつにぴったりだ。さらに、サービスへのフィードバックを提供すると1ドルで10個入りを購入することができたりと、消費者へのサービスが充実している。

ティムビッツ誕生秘話

 「ティムビッツ」と聞くとティムホートンズの“小さい何か”に由来されたものと想像する人も多いのでは!?でも実は「ビッツ」は、ティムホートンズ初期のスローガンであった“Big In Taste, Small In Size”の前半部分からきているとのこと。どうやら「小さいけれど味はおいしく」の想いが込められていそうだ。

 あの形で商品化された理由は、たくさん作られるドーナツの真ん中の部分を破棄しないようにするためにメニューアイデアが生まれたという話も・・・。

 1990年代にはこのスローガンは使われなくなったそうだが、ティムビッツ発売当初は、「Mr. T(Tasty)」とよばれる、ティムビッツ3個に足が生えたマスコットも誕生した。

「ティムビッツ」が子どもたちを支援する

同社の慈善事業である“The Timbits Minor Sports Program”は1982年に始まったプログラムで、4歳から9歳の子供たちがマイナースポーツに携われるように支援している。これは勝ち負けではなく、スポーツへの参加を通して、子供たちがスキルと友情を育む機会を提供したいとのことだ。ホッケーやサッカー、バスケットボールやラクロスなどのスポーツを通し、これまで30万人の子どもらが携わってきている。