今の日本には“絶対に”ありえないお店「TOKYO SMOKE」

 こんにちは!KEISUKEです!
 今回は19歳以下には望ましくないお話かもしれません(笑)

 カナダは、娯楽用の大麻(マリファナ/カナビスとも)が合法的に認められている国です。そのため、お酒やたばこと同じような位置付けとして「大麻」というものが扱われています。その中でもシンプルな出で立ちでダンダス駅近くのイートン・センター付近に店を構えているのが「TOKYO SMOKE」。

 外観の写真はありませんが、曇りガラスになっていて外から中の様子は全く分かりません。入口にはIDをチェックするセキュリティが常に目を光らせています。

 中の様子はこんな感じ。

内装

内装

 大麻が当たり前のように売られています。

商品

商品

日本では絶対にありえないことですが、海を越えたこの国、カナダではこれが日常的なものとして扱われ始めています。

 こんなオリジナルのグッズまで、、、。

グッズ類

グッズ類

言うまでもないことですが、海外といえど日本人には日本の法律が適応されます。日本では大麻は禁止薬物として指定されているので、かかわらないようにしましょう。今はあくまで、「文化の違い」を感じるためのものとして捉えておくことが大切です。

KEISUKE

大学卒業後、高校の国語教師を4年務めたのち退職。異文化に触れ、得た経験を教育現場に還元したいという思いでカナダ・トロントへ語学留学中。日本語と英語の感覚や概念・文化の違いに興味を持っている。「経験には出資を惜しまない」ことをモットーにしており、人から誘われたことは基本断らない。趣味は、アナログゲーム・散歩・文章を書くこと。