東京・浅草の下町天丼「秋光」がついにトロント・ダウンタウンにオープン!

早速自慢の天丼と天ぷらを食べてみた!

 ミシュラン・ラーメンとしてすっかり定着した「KONJIKI」がダンダススクエア近くのエルム・ストリートにオープンしたことは前回の食レポでお伝えした通り。今回はKONJIKIと同店舗一階に店を構えるカナダ初となる天ぷら専門店の「秋光」にお邪魔した。

■トロントにオープンした秋光

 食の激戦区浅草で行列のできる名店として知られる「秋光」は、五代目の谷原秋光氏が明治22年創業の歴史ある名店の味を受け継ぎ、伝統の味を守りながらも、海外にも積極的に出店をし、国内外の人たちから多くの支持を集めている。

 素材選びから妥協を許さず、初代から受け継がれた秘伝のタレ、温度から時間まで揚げ方に徹底配慮したサクサクの衣がお客の心を惹きつける絶品の天丼が楽しめる。

 シェフは日本の「秋光」で数年働いてきた天ぷら職人が腕をふるう。今までカナダになかった天ぷら専門店。とにかく衣がサクサク。

■今までトロントでは味わえなかったクオリティ

一番人気の天ぷら定食「ASAKUSA」

天丼

 「EBI」・・・・・・・・・・・5尾と野菜1種: 17ドル
 「ASAKUSA」・・・・1尾とシーフード4種と野菜3種: 18.50ドル
 「EDOMAE」・・・・・1尾とシーフード2種と野菜3種: 14.50ドル
 「VEGETABLE」・・野菜7種: 12.50ドル

天ぷら定食 (ご飯、味噌汁、漬物、天ぷらソースセット)

 「EBI」・・・・・・・・・・・5尾と野菜1種: 18ドル
 「ASAKUSA」・・・・1尾とシーフード4種と野菜3種: 19.50ドル
 「EDOMAE」・・・・・1尾とシーフード2種と野菜3種: 15.50ドル
 「VEGETABLE」・・野菜7種: 13.50ドル

注目は天ぷら定食「ASAKUSA」

 天ぷらといえば、カナダで注文すると今まで海老が小さくて衣で誤魔化されてたなんて経験ないですか?5尾も海老が付いてくる「EBI」のボリューム感と満足感は◎

 海老の大きさと衣のバランスが程よく海老もたっぷり味わえる天丼、そのお値段17ドルは安いと感じる!!

大きな海老がたっぷり!

 シーフードは季節やその時の旬の素材によって変更するとのことだが、この日はサケ・スズキ・ニシン・そしてイカのかき揚げの天ぷらが並んだ。
 ニシンは日本から輸入されたもので、なんと身と卵が一緒に味わえるという天ぷら専門店ならではの素材へのこだわりに感動。

ASAKUSA: 珍しいニシンの天ぷらはぜひ一度試してほしい!

ニシンの天ぷら

■温泉卵を忘れるな!

 「KONJIKI」のアペタイザーも楽しめるのが嬉しいが、特に天丼を注文する方に是非ともオーダーしてもらいたいのが〝温泉卵〟。もう分かりますよね!?とろ~りとした黄身とアツアツの天ぷら、特製タレが染み込んだご飯を一気に口の中に入れ込んでください。温泉卵があるだけで幾重もの楽しみ方ができるなんて!!

■今後に期待

 天丼・天ぷらをメインメニューにしながら、今後は天ぷらのアペタイザーなど単品も充実していくことを検討しているとのこと。ごま油を使用して高温でカラッと揚げる天ぷらと絶妙のハネがついた衣は食べている人間を幸せにしてくれる。特製のソースも同店でなければ味わえないという。今後、本場の味がさらにバージョンアップしていくと思うとついつい通いたくなる一軒だ。

秋光トロント店

住所: 41 Elm St
TEL: 416-519-6794
WEB: akimitsutendon.com