トロントの家、さらします

 こんにちは、トロントで留学・ワーホリ中のNaoyaです。今回はトロントで留学やワーホリをする上で必須となる「家」を紹介したいと思います。これから留学やワーホリをしたい、またはする予定のある人たちの参考になればと思います。ちなみに現在僕はシェハウスに住んでいます。

 まずは玄関。これが扉です。

 開けてみると、また扉。トロントの冬は寒いため、扉が二重になっています。ちょっと嫌になりましたか?

 入るとこんな感じ。まっすぐ進むとキッチンで、左は他の人の部屋、右に行けば僕の部屋があります。

 これがキッチン。真ん中にシンク、右端にはコンロ付きの大きなオーブンがあります。ここはみんなでシェアしています。

 僕の部屋です。特に何もありませんが、意外と10畳ぐらいはあります。僕の部屋は地下ではないので、日当たりもいいです。

 シャワールームです。バスタブの手前にガラス張りの扉がついており、シャワーをする際、水が飛ばないようになっています。

 だいたいトロントのシェハウスは立地にもよりますが、平均して400~600カナダドルぐらいで、年々価格帯は高くなってきています。家の中に大きな家全体を温める機械があるため、冬でも快適かつエアコンはありません。

また、家探しをする際は必ず一度見学に行ってください。写真と実際の家が違ったり、思っていたのと違って住むのが嫌になることもあります。自分の中の譲れないもの、例えば、値段は安い方がいい、または多少高くてもいいからきれいな家がいい、など。自分に合った家に住めるよう事前にピックアップしてみるのもいいかと思います。

みなさんがトロントライフを充実できますように。ではまた!

Naoya