いざ、絶海の孤島へ

読者の皆様こんにちは。 

トロントに来て1年半が経ちました。これだけ長くいるのにCNタワーもカサ・ローマにもナイアガラにすらも行ったことのない男で一目置かれていた私ではありましたが、
遂に先日、小生は満を持してトロント・アイランドに初上陸してまいりました。

この構図で写真撮るのが夢だった

初上陸時は、さながらコロンブスにでもなったかのような心持でしたね。RPGゲームが好きな私としては、どこかに宝箱が無いかなと辺りを見回したものです。行きのフェリーで船酔いしかけたのは、まぁいいとしましょう。

さて、そもそもなぜ私がそんな絶海の孤島に向かったかと申しますと、留学エージェント Admission Hubさんの主宰するBBQ大会に御縁あって参加させていただけたからです。週末にBBQなんていう大それたことを、それも島でやろうというのですから、引きこもりの私とは発想から違いますね。

会場には日本人以外にも中国人、韓国人、ブラジル人など多岐にわたる方々が来られていて、思い思いに満喫されていました。
天気にも恵まれ、絶好のBBQ日和だったのは間違いありません。
印象的だったのが、スタッフの方々も参加者と一緒に楽しまれていることでした。
最後には抽選会もあり、その場の全員が盛り上がっていました。

当初は知り合いも居ない中、単身乗り込んだ私ですが最終的にはたくさんいろいろな方とお話しできました。やはりBBQに参加してくるような人ってコミュ力が高く備わっているものなんですね。

私はその後、同じくBBQに来られていた方々と一緒に島を見て回ることにしました。
私含め4人で回ったのですが、全員初上陸だったのでとりあえずただただ歩いてみることに。

一番の発見は、そこに人が「住んでいる」ということでした。いえ、もしかしたら単なる別荘で、限定的にしか滞在していないのかもしれません。しかし、普通に民家が立ち並んでいるのを見て非常に驚きました。彼らはどのように生活しているのでしょうね。ラーメン屋もないでしょうし。何かと不便も多いかと思いますが、それを覆いつくして余りあるほどの美しい景色がありますから、保養地にはもってこいですね。

まるでジブリの世界

改めまして、企画してくださったAdmission Hubさん、とても楽しい時間をありがとうございました!

皆さんはもう、トロント・アイランドには上陸済みですか?

今回のベストショット