トロントの居酒屋風雲児 #5

飲食店のオープンにむけて

Fairmont Royal York Hotelで行われた日本食パーティーTaste of Japanに参加させて頂きました。編集長、お誘いありがとうございました

Fairmont Royal York Hotelで行われた日本食パーティーTaste of Japanに参加させて頂きました。編集長、お誘いありがとうございました

農林水産省主催のTaste of Japan。美味しい和牛、美味しいお米でお寿司など頂きました

農林水産省主催のTaste of Japan。美味しい和牛、美味しいお米でお寿司など頂きました

気になっていたけど、毎回行っても満席で入れなかった話題の店“Hanmoto”にようやく行けました。これは手羽餃子

気になっていたけど、毎回行っても満席で入れなかった話題の店“Hanmoto”にようやく行けました。これは手羽餃子

Hanmotoのスパイシートーフ。一皿のポーションは少な目なので、4人で全メニューを一皿ずつ頼んでシェアしました

Hanmotoのスパイシートーフ。一皿のポーションは少な目なので、4人で全メニューを一皿ずつ頼んでシェアしました

Hanmotoのミソアイスクリーム。青のりとアラレのトッピング。塩味と甘みが良いバランスでした

Hanmotoのミソアイスクリーム。青のりとアラレのトッピング。塩味と甘みが良いバランスでした

息子も気付けば1歳半。以前にGuuToronto3代目店長シンヤさんからもらったベストが着れるようになりました 

息子も気付けば1歳半。以前にGuuToronto3代目店長シンヤさんからもらったベストが着れるようになりました

最近のお気に入りの調味料Harissa。モロッコなどの地中海料理に欠かせない万能な香辛料で何にでも合うので使い勝手がいい

最近のお気に入りの調味料Harissa。モロッコなどの地中海料理に欠かせない万能な香辛料で何にでも合うので使い勝手がいい

 8日本から美味しいお蕎麦を送ってもらったので、かき揚げざる蕎麦ランチ。美味しいお蕎麦がトロントでも食べれればなぁ…

8日本から美味しいお蕎麦を送ってもらったので、かき揚げざる蕎麦ランチ。美味しいお蕎麦がトロントでも食べれればなぁ…

最近の息子のお気に入りはアンパンマン。おばあちゃん達からグッズが色々届いて大喜びの息子

最近の息子のお気に入りはアンパンマン。おばあちゃん達からグッズが色々届いて大喜びの息子

家からの夕焼け。ゆっくり家族と過ごせる時間があるのは幸せな事ですね。こんな日はビールが進んじゃいます

家からの夕焼け。ゆっくり家族と過ごせる時間があるのは幸せな事ですね。こんな日はビールが進んじゃいます


先月にサマータイムも始まり、毎日少しずつ日が延びているなぁと感じるようになり、もうすでに夏が待ち遠しい今日この頃。今年の夏は息子と海水浴など行きたいなと考えながらも店のオープンと重なりそうなためどんな夏になるでしょうか。昨年末からGuuIzakaya再スタートのために物件を探していますが、物件取得までに思っていたよりも時間が掛かっていますので、ここからは少しでもスピードアップしてオープン準備を進めていければと思います。しかしこれからは改装工事、人材の確保、メニュー作成、備品の買い出しなどやる事は山積みです。全て順調に進む事を願いますが、うまくいかない事も色々と出てくると思います。これまでにも何店か新規オープンに携わりましたが、思いもよらぬハプニングが起きてバタバタする事も少なくありませんでした。これからも色々なハプニングがあるとは思いますが、どんなハプニングも自分達が成長できる良いチャンスと前向きに捉え、一つずつクリアしていければと思います。

飲食店のオープンには物件探しから始まり、色々と時間が掛かります。特にこれからの改装工事の工期はオープンの日程を大きく左右します。以前も書きましたが、飲食物件には、スケルトンと言われる建物のみで内装設備などが一切ない物件と、居抜きといわれる前に入っていたテナントの内装やキッチン設備が残っている状態の物件の2つがあります。このスケルトンと居抜きで物件取得費用、改装費用、改装工期と変わってきます。今回、私達は少しでも早くオープンしたいと考えているので居抜き物件を中心に見てきましたが、希望に全て当てはまる物件を探すのはとても難しい事です。立地や大きさ、形、家賃など物件自体もそうですが、キッチン設備など内装や家具などなるべく理想に近い店に、もしくはそれ以上の店にしたいと考えますが、全てを希望通りにするにはもちろんそれなりの資金が必要になってきます。この理想と現実を少しでもどう縮めていくかがオーナーの力の見せ所なのでしょうか。

業態によって店舗の大きさや設備が変わるので開業資金は飲食店でもまちまちですが、日本と比べると店舗工事にかかる時間も長く、カナダでの開業資金は日本の3倍とも4倍とも言われています。日本の場合、バーやラーメン店など10席程度の店で1000万円程度、カフェなど調理設備が少ない店で1500万円程度、居酒屋なら30席程度の中規模店で2000万円程度、レストランの場合は30席程度でも3000万円程が平均と言われています。もちろん立地条件や店舗の大きさ、高級店か大衆店かなどが関係してくるので一概には言えませんが、かなりの額の投資が必要なビジネスと言われています。この金額以上の投資がカナダでは必要になってくる事を考えると、オーナーとしては正直ちょっとビビってしまいます。2015年にJetroが行ったトロントにおける日本食レストラン実態調査によると北米地域の日本食レストランの数は2年前の1.5倍の数に増えて2万5千100店もあり、トロント市およびその周辺だけでも753店もの日本食レストランがあるとの事です。またアンケートによると店舗工事に掛かった期間の平均は約半年、費用の平均は約45万ドルとの事でした。しかし飲食業は廃業率がとても高いと言われ、日本では1年未満で閉店した割合が35%、2年以内の閉店の割合が15%と約半分の飲食店が2年以内に閉店してしまっているそうです。ここまでの金額を投資しても生き残るのが大変な業界ですが、末長くお客様に愛される店作りをしたいなと思います。そのためにもまずは1日でも早くお店をオープン出来るように頑張ります。


ogasawara-masaru-profile小笠原 克 Ogasawara Masaru

日本ではファッションブランドGapでアルバイトからマネージャーまで7年間勤務、新規店の立ち上げや日本売り上げNo.1店舗での管理職を経験し、2005年にワーキングホリデーでバンクーバーに渡加。ファッション業界からの転身となるが、調理師免許保持や両親の飲食関係の仕事の影響などもあり、大人気居酒屋Guuでワークビザを取得し男前店で副店長を務める。その後2009年トロントでのFC立ち上げ総責任者に任命されトロントへ。寒い冬でも毎日行列のできる大繁盛店となり、トロントの日本食パイオニアとなる。2014年にはKinkaFamily Inc.の副社長に就任し、居酒屋の他、ラーメン、寿司、焼き鳥などのブランドを管理、2015年10月末GuuとのFC契約終了とともに独立・起業。現在は世界で皆に愛される飲食店を開業できるようにと奮闘中。