トロント不動産情報 VOL. 31

本文:照岡 敏介 -Toshi Teruoka オンタリオ州政府公認・リアルエステートライセンス保持者

最低頭金が5%から10%に引き上げ (50万ドルから100万ドルの住宅購入に限る)

12月11日に財務大臣のビル・モルネア氏はカナダの不動産市場が長期的に健康かつ安定を目的としてカナダ政府が後ろに建てなっている住宅ローン保険(Mortgage Insurance)の一部のルールの変更を発表しました。変更内容は、購入価格$500,000以上の住宅で、$500,000から$1,000,000の住宅購入に必要な最低頭金額を現在の5%から10%に引き上げをするというものです。このルール変更は来年2016年2月15日から適用になります。

$500,000未満の住宅購入は現在のルールのまま変わらずに最低頭金は5%です。

例えば$700,000の家を購入する場合、現在は最低5%の頭金$35,000が必要になります。これがルール変更後は、最初の$500,000に5%の頭金$25,000と$500,000を上回る残り$200,000に10%の頭金である$20,000を合わせ、合計$45,000の頭金が必要になります。これは現在のルールと比べると$10,000の差の頭金を用意する事になります。この変更により、一時的に住宅購入を延期する方も出てくると見込まれています。

カナダ政府は継続的に不動産市場を監視し、必要に応じてポリシーの見直しをして健全かつ安定した市場を保持する事を発表しています。住宅純資産額を増やす事は市場の安定にも多大に繋がるのでJustin Trudeau新政権が不動産市場の長期的安定とバランスの取れた経済成長を促進していくとも発表しています。

下の表は去年と今年の11月のGTA不動産価格です。

toronto-real-estate-vol-31