2015 Lexus NX 300h

Lexusで巡るカナダ・ロードトリップ旅を通してドライブの楽しさを知る!

今月のパートナー

2015-lexus-nx-300h-07

力強いスタイリッシュな外観と機能性、乗り心地までこだわり抜かれたLexus NX300h。コンパクトSUVとして新しく開発された一台で、ハイブリットの燃費の良さとスポーティーでアグレッシブな走りを両立させている。アーバンライフとアクティブライフ両方を楽しみながらラグジュアリーも手に入れることができるのが魅力だ。

ドライブの楽しみを存分に味わえるLexusハイブリット

機能性抜群でエレガントな車内空間

機能性抜群でエレガントな車内空間

使いやすさにこだわった Remote Touch Interface

使いやすさにこだわった
Remote Touch Interface

今回試乗したNX300hは2015年からLexusファミリーに新しく加わったコンパクトSUVでダイナミックかつスポーティーな走りと洗練されたスタイリッシュな外観がこだわり抜かれた一台だ。今回はトロントからハイウェイを北に抜け、ハイブリットの燃費の良さに加え、2.5Lアトキンソンサイクルエンジンと194馬力のパワートレインが生み出す滑らかな加速とパワフルな走りを体感すべく、カナダの春の風物詩、Bruce’s Millのメープルシロップ・フェスティバルを訪れた。

 
トヨタが誇るハイブリッド技術が注ぎ込まれたNX 300h

今回試乗したハイブリット仕様の300hはLexusハイブリットの技術をNX仕様に調整しバッテリーを2つに分けることでより安定した重心と充実した車内空間の両立が実現した。また今回採用されたキックダウン機能のおかげでハイウェイ合流時もスムーズに加速のタイミングをコントロールすることができ、パワフルなドライブを楽しむことができた。ドライブモードもSports, Normal, Ecoの3種類用意されており、日常のアーバンライフも週末のアクティブライフも両方楽しめるのが魅力だろう。

街の喧騒から離れ、メープルシロップを作るシュガーシャックを目指す

メープルシロップに関しての豆知識

メープルシロップに関しての豆知識

樹液を煮詰めてメープルシロップを作る

樹液を煮詰めてメープルシロップを作る

濃厚な甘みと深い味わいがある

濃厚な甘みと深い味わいがある


ダウンタウンから40分ほどのドライブで今回の目的地Bruce’s Millに到着。カナダの特産として有名なメープルシロップだが、意外と採取方法や製造工程を知らない人も多い。このBruce’s Millではメープルシロップトレイルが用意され、メープルシロップに関する豆知識を書いた看板や、昔ながらの製造工程が公開され、ガイドから詳しく話を聞くことができる。メープルシロップの原料である樹液は一年のうち氷点下まで下がる寒い夜と日中が3度以上まで暖かくなるこの時期にしか採れず、それを40分の1程度までしっかり煮詰めて作られている。当日はできたばかりのメープルシロップの試食や、パンケーキブランチが用意され、子供達向けに用意されたワゴンライドなどを楽しむこともできる。

オンタリオ州各地で開催されるこのイベントは場所によっては大きなファーマーズマーケットと一緒に開催されているものやバンドの演奏があったりなど様々なので毎年違う場所へ出掛ける楽しみ方もありだろう。

高い機能性と安全性でドライブの楽しみを追求できる

一通りのツアーを終え、次の目的地Stouffville Country Marketを目指す。子供の多い駐車場からの発進もBlind Spot MonitorやRear Cross Traffic Alert Systemsのおかげで神経質になりすぎず、スムーズにBruce’s Millを後にした。数多くのゴルフ場や自然保護区域が点在するのどかなカントリーサイド・ドライブを楽しみながら、周りに広がる果樹園や畑で何が作られているのかと話を巡らせる。夏に行われるストロベリーフェスティバルのような有名なものや個々の農場で行われるりんご狩り、さくらんぼ狩り、ハロウィンの時期に開かれるパンプキンフェスティバルなど次は何に参加するのか話し合いながら20分ほど車を走らせる。

Stouffvilleダウンタウンの北西のはずれで春から冬の初めまで毎週末開催されるこの地域最大のFarmer’s Market, Stouffville Country Marketに立ち寄った。ここではこの辺りで作られた野菜や果物に加え、乳製品やペイストリー、精肉など様々なものが売られている。トロントのセントローレンスマーケットのように建物の中には雑貨屋、宝石店、家具屋、CD屋なども混在し、軽食を楽しむこともできる。試食した蜂蜜は花の種類によって大きく味と風味が異なりとても興味深かった。小さなアンティークショップも併設されており年代物のレコードや小物が並べられ、ここでは一目惚れしたお洒落な茶器を購入した。

買い物を終え車に戻ると標準搭載されているLEDヘッドランプとLEDデイタイム・ランニング・ライトが鋭く力強い印象を与えてくれる。スピンドルグリルを起点とした躍動感あふれるアグレッシブな外観は疲れを忘れさせ、帰りのドライブへの期待感呼び覚ましてくれる。鍵穴が隠されたこだわりのデザインはスマート・キーでドアノブに触れるだけでロックが外れるのも荷物を持っている時に役立つだろう。またほのかにライトアップされて足元を照らしてくれるのも車に歓迎されている特別感を感じることができる。

2000人以上のエンジニアによって造り上げられたNXの車内空間は革素材が使われ、とても広くエレガントな印象をあたえてくれる。運転席は8-way Power Adjustable Heated Seatで自分好みに微調整できる上に、Driver’s Seat Memory Systemのおかげで2回目以降は自動的に再調整してくれるのも嬉しい。幅広く、スポーティなボディの安定性は非常に優れていて、外の音が気にならない高い静寂性の中、10スピーカーから流れるお気に入りの音楽を背景に話が盛り上がる。Wireless Charging TrayがあるのでBluetoothで音楽を流し続けても携帯の充電を心配する必要も無い。ハイウェイの運転ではLane Keeping AssistやPre-Collision SystemといったAdvanced Safety機能が搭載されているので運転手へのストレスは軽減される。更にスマートフォンと同様の指の動きでナビを扱えるRemote Touch Interfaceや運転席正面の窓に時速などの表示が映るHead Up Displayのおかげで運転姿勢を崩さずに必要な情報を得ることができるのも心強い。40分程度のドライブでは全く疲れを感じない乗り心地とハイウェイと市街地を平均して7.4L/100kmで走れる燃費の良さを体験するためにもこの夏はどこかへ遠出する計画を立てながら解散になった。

全てを求める人にぴったりのこだわり抜かれた一台
パワフルかつスタイリッシュな外観

パワフルかつスタイリッシュな外観

トロント市内の運転でも困ることのなさそうなコンパクトSUVとして造られたNX。今回試乗した300hには数多くのラグジュアリーや高機能、Advanced Safety機能など全てが標準搭載されている。その洗練されたスタイリッシュな外観と質の高い車内空間からお洒落なアーバンライフを楽しみたい人にも、通常のハイブリットよりも力強く滑らかな運転性能とスポーティーな走行感、広いカーゴスペースなどを生かしたアクティブライフを楽しみたい人も、その両方を楽しみたい人も含めヤングプロフェッショナルからハイセンスな40〜50代の人まで幅広い年代に愛される一台だと思う。