H.I.S.オススメ オトナの旅 〜ロサンゼルス〜


今回は夏に最適なアメリカ西海岸、ロサンゼルスを紹介しよう。ロサンゼルス(以下「ロス」)と言えばそう、映画の都ハリウッド。数々の映画スターや大富豪などが豪華な住居を構え、アメリカンドリームを象徴する都市である。また、歴史を辿ると元々はスペイン領との事もあり、地名にはスペイン語の地名がなお多く残り、ロスの人口の半分近くがラテン系、ヒスパニック系の住民とマルチカルチャーな街でもある。

さて、空港に到着するとロスの象徴的なまぶしい太陽とリゾート地さながらのやしの木が出迎えてくれる。ロスは年間を通して20℃ぐらいと、とても温暖で降水量も比較的少なく、通年観光に適している。まずは、お決まりのハリウッドエリアへ。丘の上から街を見下ろすように有名なハリウッドサインが遠くに見え、写真を一枚。歩道にはアカデミーショーなどの祭典が行われるコダックシアターへと導くかのように、数々のハリウッドスターの名前や手形が刻まれたタイルが並び、お気に入りのスターの名前を探すのも楽しみの一つだ。

また、エンターテイメント都市とのことでアミューズメントパークの宝庫だ。ロス近郊だけでも4つの有名なアミューズメント施設があり、中々一つの街にこれだけの施設が集中しているのは珍しい。買い物施設も充実しており、家族旅行や友人との旅行など、様々なニーズに対応している街だ。

ダウンタウンで観光を楽しんだら、一息つきにロスのビーチを訪れてみてはいかがだろう。ロスの海岸沿いは数多くのビーチがあり、それぞれ地名に○○ビーチと付く地名が多く存在する。一言で表せば“都会とビーチシティーが融合した街”と実に欲張りだ。代表的なビーチはサンタモニカビーチ。観光客で賑わうサンタモニカにはアメリカ西海岸を象徴する大きな桟橋があり、桟橋には魚介類を豊富に使ったレストランや遊園地までもが存在する。桟橋の上にそれだけの施設を造ってしまうのは実にユニークな発想だ。


また、ロスは車社会のため市内の移動には車が必需品と言っても過言ではないほど観光地が四方八方に広がっている。ぜひこの時ばかりはオープンカーでもレンタルをし、ビーチ沿いの道を走れば気分はハリウッドスター。観光地としてではないが、ゆっくりとビーチを楽しみたいという方にぜひお勧めしたいドライブスポットがある。それは南カリフォルニアにあるニューポートビーチとラグーナビーチである。アメリカのドラマやリアリティー番組などでも取り上げられた場所である。

ロス市内から車で南に約2時間、まず初めに見えてくるのは富裕層がたくさん住むオレンジ郡内にあるニューポートビーチ。

ベイエリアにはプライベートヨットが多数停泊しており、住宅街は誰もが憧れるジャグジーやプール付き、まさにアメリカンドリームを象徴する豪邸が立ち並ぶ。ニューポートビーチではイルカやホエールウォッチング、ワイナリー散策、ディーナークルーズ、博物館などアクティビティが充実している。

さらに南に車を走らせること30分、よりローカルに溶け込んだ街、ラグナビーチが見えてくる。こちらにもローカルの方が集まるビーチがあり、ビーチを見渡せるようにして丘の上には豪邸が立ち並ぶ。ラグナビーチはニューポートビーチに比べてさらにコンパクトになった街で、ハイキングやサーフィンなどのアクティビティが楽しめる。

ニューポートビーチやラグナビーチはロス市内に比べて街の規模は小さいが観光客が少なく、よりローカルに密着したアクティビティを楽しめるのが特徴だ。
ぜひこの夏は一味違ったロスを楽しんでみてはいかがだろう。