オーロラについてのお話【前編】|CANADA発 近鉄ツアープランナーのここだけの話 その63

イエローナイフ、ホワイトフォース、フォートマクマレー、アラスカ・チェナ温泉、北欧トロムソや最近ではアイスランド…オーロラを見るためのツアーは、いくつもありますが、結局どこに行けばより確実に見ることができるのか?オーロラツアーに参加される方には、切実な問題であると思います。そのオーロラについて2回に分けてお話いたします。


オーロラは太陽から発せられるプラズマ粒子(太陽風)が地球の電離層に当たり発光する、一種の放電現象です。この太陽風が強いと低緯度の地区でも観測することができるようになり、近年では2011年10月24日にアメリカ中西部ミズーリ州(イリノイの下)でも観測することができました。

太陽の活動は、365日時間を問わず行われていますので、当然夏の間でも観測することはできます。しかし、夜の時間が短かったり、晴天率が低いなどの理由から、日本では夜の時間が長い冬が観測には良いといわれています。


そもそもオーロラの色って何で決まっているかご存知でしょうか?もともとプラズマ粒子に色があるわけでもないのに、オーロラが不思議と色の変化を起こしながら輝くのには、理由があります。この星が持っている大気を構成している物質に関係があり、地球の場合は主に窒素と酸素が主に構成されていますので、窒素は青色、酸素は緑か暗赤色にひかります。ですから、地球で見られるオーロラは、ピンクや緑色の光が多くなっています。


オーロラが発生する原因が太陽なら、太陽の活動によってオーロラの観測に影響がでるのか?という質問があります。オーロラの当たり年ってお話聞いたことはないですか?最近では2008年頃であったと思いますが、太陽の活動のサイクルは約11年周期で活動的になる時期とそうでない時期が交互に来ます。活動期には低緯度でのオーロラの出現回数が増えたりします。昔の日本の文献にもオーロラ観測を示す資料が残っていたりします。もちろん活動期ではなくてもオーロラは出現するので、ご安心を。

次回は各地で行えるお勧めアクティビティーなどについてお話いたします。



近鉄日本ツーリスト カナダ法人 KINTETSU INTERNATIONAL EXPRESS (CANADA) INC.
HP: www.kiecan.com
Tel: (905) 670-8710 Fax: (905) 670-2238
Address: 1450 Meyerside Drive, Suite 305, Mississauga, Ontario CANADA L5T 2N5