街巡り写真展 最終回 カナダを撮る。『紅葉』

写真・文
谷口憲文 (愛知県瀬戸市出身)

2012年1月より仕事の関係でカナダに赴任。日本では、地元の写真クラブに所属し活動。写真を始めた頃は、アート写真が好きだったが、今は、地球の神秘を感じ、動物と風景に心を奪われている。夢は帰国後個展を開催することで現在カナダ赴任の機会を利用して、出展作品を収集中。同じ風景でも、季節によって写真から伝わる感動が全く違うことを実感している今日この頃。


2年間、写真を掲載させていただきましたが、今回で最後になりました。街巡り写真展でカナダにかかわらず、自分のお気に入りの写真を紹介してきましたが、最終回となるとやっぱりカナダの紅葉です。場所は、【イースタン・タウンシップス +1】です。テーマは『見ごろ後半へ』としましした。

machi-meguri161201
①大好きな カバード・ブリッジ(屋根付き橋):コーティクック

machi-meguri161202
②世界一長い人専用のつり橋:コーティクック。まだまだ紅葉を楽しむことができました。

machi-meguri161203
③、④はテーマの通り、見ごろが後半に向かうイメージです。

machi-meguri161204
machi-meguri161205

⑤の写真は【場所の+1】モン・トランブランでの1枚です。ここは、ローレンシャンのメイン。カナダの紅葉と言えばここ!!!よく見てください。後ろに見えるのはスキー場。紅葉後半をイメージしましたが、思いもかけないプレゼント初雪との2ショットです。思い出の1枚となりました。