TORJA読者旅行記#36

#036 エメラルドグリーンの海が広がるフロリダキーズへ

今月のレポーター Kieさん

メキシコ湾に沈む夕日

メキシコ湾に沈む夕日

気持ちよさそうに泳ぐ親子イルカ

気持ちよさそうに泳ぐ親子イルカ

ドライブ途中に遠浅の海で泳ぎました

ドライブ途中に遠浅の海で泳ぎました

海を見ながらのランチ

海を見ながらのランチ

セブンマイルブリッジをドライブ

セブンマイルブリッジをドライブー右手にはメキシコ湾、左手には大西洋が広がっています

ドルフィンウォッチング後のスノーケル

ドルフィンウォッチング後のスノーケル

キーウエストのシーフードレストランでオイスターやロブスターバーガーを

キーウエストのシーフードレストランでオイスターやロブスターバーガーを

やっとトロントも暖かくなりだした5月中旬、南国の気候と海を求めてフロリダキーズへ行ってきました。義父のコンドがあるフォート・ローダーデールに1週間滞在予定でしたので、その内の3日間はフロリダキーズへ旅行することに。アメリカ本土最南端の島・キーウエストを目指し、約300km南へ車を走らせました。フロリダキーズは小さい島々が連なり、島の間には42の橋が架かっています。有名なセブンマイル・ブリッジを含め、道中の島と海の景色は素晴らしいものでした。

セブンマイルブリッジをドライブ

フォートローダーデールを朝出発しハイウェイを走ること2時間半、目当てのビーチレストランのあるアイラモラーダという島に着きました。南国の雰囲気たっぷりのこのレストラン、店外の砂浜にもテーブルが置かれ、真正面に海を見ながらという最高の眺めの中美味しいランチを頂きました!そしてキーウエストを目指しエメラルドグリーンや青い海を見ながら走ること約1時間、映画やCMで有名なセブンマイルブリッジへ!両脇には空と海が見渡せ爽快感たっぷりでした!(でもやっぱり空からの眺めが1番ですね)ドライブ途中で2ヶ所のビーチにも寄り、遠浅で温かく透明な海は浮いているだけで気持ち良かったです。

南国の町・キーウエスト

夕方5時頃キーウエストに着き2泊するホテルへ。中庭にプールがあるペンションタイプの小綺麗なホテルですが、キーウエストのハイシーズンは12〜3月で1泊1部屋400ドルからだとか!私達の旅行した5月中旬は真夏の様に暑かったので、夏の時期は暑すぎて人が来ないのでしょうね。早速町へ歩いていき、港で夕日を鑑賞。メインストリートであるデュバルストリートでは観光客向けのお土産屋、レストラン、バーが並び、夜遅くでも多くの人で賑わっていました。翌朝は早起きして住宅街を散歩。ハイビスカスやブーゲンビリア等南国の花が咲き乱れヤシの木もいたるところにそびえています。自転車やバイクも多く、皆ヘルメット無し、そして2人乗りが多いというところが南国らしい!1821年までスペイン領だったこの土地はキューバまで140kmと近くバハマ・キューバ系の移民が多く、19世紀の建築物も多く見られ町散歩は楽しかったです。

ドルフィンツアーに参加!

この旅のメインイベントはドルフィンツアー!キーウエスト周辺の海で野生イルカを見た後はスノーケルをするというツアーです。ツアーボートは私達含む14人を乗せ、イルカの群れに遭遇できる場所に向かいました。遭遇スポットで静かに待つ事3分ほどでイルカの背びれが見えだし…そのうち2頭、3頭とイルカが頭を出し泳ぐ姿が見え、楽しそうに泳ぐ親子イルカも見ることが出来ました。20分くらいイルカ鑑賞をし、名残惜しくその場を離れスノーケルをするために別のスポットへ移動。水深約3メートル、魚の多いスポットでスノーケルをしました。サンゴ礁はあまり見られなかったけど海水は透明で多くの魚が見られました。キーウエストはじめフロリダキーズではダイビング、カヤック、カヌー、SUP、パラセーリング等、多くのマリンスポーツが体験できます。

今回の旅では妊娠中の為、生のシーフードが食べられなかったり挑戦したかったSUPもできなかったりと行動に少し制限がありましたが、何よりも透明で綺麗な海で泳げ素晴らしい景色も多く見ることができ最高の旅となりました。せっかく海のそばにいるので毎食シーフードをオーダー。キーズ特産コンク貝のフリッターも美味しかったです。楽しみにしていたキーライムパイも3度頂きました。綺麗な海とカリブの異国情緒が味わえるフロリダキーズはもう1度訪れたい場所です!

トラベルレポーター募集中!

トロントに在住の方でカナダ国内・国外問わず旅行に行かれた方、TORJAでレポートを書きませんか?ご応募、お問い合わせはこちらから → shiohara@torja.ca