TORJA読者旅行記#58 メキシコ

#058 メキシコ

今月のレポーター Rikakoさん

1 タスコのSanta Prisca教会 2 タスコの坂に連なる屋台 3 Hillの上から見たタスコの街並み


メキシコと言えばカンクン、ビーチ。だから、友人みんなに驚かれた。「ビーチに行かなかった!?何しにメキシコに行ってきたの?」理由はイグアラとメキシコシティに住んでいる友人に会ってきたからだ。

イグアラはメキシコシティとアカプルコの間にある小さい街である。メキシコに到着し友人と合流した後、イグアラからタクシーで一時間ほど行ったところにあるタスコへ。シルバーの街とも呼ばれ、数多くのシルバーの店が軒を連ねており、私もしっかりシルバーのバングルを購入。 Atachi Hillsの頂上に行くための道は細く、坂がとても急だったがタクシーのおじさんはすいすいと運転して目的地へ。白い外壁、坂の上に立ち並ぶ建物はギリシャの街並みを彷彿させ、とても綺麗だった。

メキシコにあるピラミッドを知っているだろうか。テオティワカンは太陽のピラミッド、月のピラミッド、そして南北5キロにわたる道(死者の大通り)が基点となり各施設が配置されている。太陽のピラミッドだけ登ったが、階段は急で、普段運動をしていない私の膝は登り切ったあと笑っていた。2回頂上に登り、エクササイズのあとのビールはうまい。MoleとMicheladaを堪能した。Micheladaは初めて飲んだが、グラスの縁にチリパウダーがついており、不思議な味だった。

テオティワカンを後にして、少しメキシコシティ、ソカロへ。ここはアステカ帝国時代の神殿が立ち並び、現在も政治・宗教的な中心地として栄えている。電車から降りてすぐ目に飛び込んでくるメトロポリタン大聖堂はルネサンス、バロック、新古典主義様式が採用されているカトリック教会の大聖堂である。時間がなく、内に入ることはできなかった。メキシコシティには多くの博物館や美術館がある。次回訪れた際には是非周りたい。

4 Mole 5 Michelada 6 テオティワカンのピラミッド 7 メトロポリタン大聖堂 8 メキシコ国立自治大学UNAMの図書館


メキシコには7日間滞在した。そのうち5日間はイグアラで残り2日間はメキシコシティで過ごした。イグアラからメキシコシティの移動は高速バスで約3時間。友人がバスターミナルに迎えに来てくれる手筈だったが、お互いの勘違いにより2時間待っても友人が現れなかった。バスターミナルではWi-Fiが弱く携帯は使えず、陽も沈み始めて焦りだした。

ソカロにスターバックスがあることを思い出して向かうことにしてからが大変だった。なんせスペイン語が全くわからない。なんとか電車の切符を買い、電車に乗れたのはいいがその時“ソカロ”が思い出せず、ソカロ付近の駅を行ったり来たり。最終的に英語は話せないと言っていたお姉さんになんとかメトロポリタン大聖堂へ行きたいことを伝えて、最寄駅のソカロを教えてもらった。スターバックスについて友人に電話をして迎えに来てもらった。言葉が分かるって大切だということを痛感した。

翌日は友人が務めている大学へ。この大学の図書館はメキシコで一番大きい図書館だそうだ。土曜日の午前中ということもあり、部活の練習に精を出す学生、広場を散歩する家族、犬を連れた人が多く、日本の大学と変わらないなと感じた。その後、朝食にPozoleとコロナを食べて、私のメキシコ旅行は終了した。

今回のメキシコ旅行では、観光スポット以外のリアルなメキシコを見て、感じることができた。旅行前は、現地で友人と合流するとはいえ、一人で行くことに少し不安を感じていた。しかし、メキシコに着いてみると、その街並みに、生活に魅了された。ぜひ一度ビーチ以外のメキシコを楽しんでもらいたい。

トラベルレポーター募集中!
トロントに在住の方でカナダ国内・国外問わず旅行に行かれた方、TORJAでレポートを書きませんか?ご応募、お問い合わせはこちらから → shiohara@torja.ca