うんちく好きシェフのかんたんレシピ 第33話

男性諸氏よ、いざ共に立ち上がりたまえ!!

私事で恐縮だが、母の日絡みで痛い目にあったことがある。遡ること数年前、母の日の数日前。妻は友達2人を我が家に招き、ワインを飲みながら晩ご飯を共にしていた(ちなみに僕はこれを、美女会と呼んでいる)。仕事を終え、私はこれに加わった(ちなみに妻はこれを、美男女会とは呼ばない…)。

ワインが進み、口が滑るとはこのことか。私は「妻は妻であって、母ではないので特に何もしないよ」とのたまわってしまった。これが美女たちの逆鱗に触れてしまい、総スカンを食らった。「それだから日本の男は-(怒)」「まだ子供が小さいんだからあなたが-(怒)」多勢に無勢、アッサリ白旗降参にいたった。

そんな訳で冒頭の文になるわけです。

今月は母の日に女性に捧げる!?フレンチトーストをご紹介いたします。フランスではPain perdu(パンペルデュ)と呼ばれ、失った、ダメになったパンの意です。硬くなったパンの再利用ですね。コーヒーやブラウンシュガーを使うと、味に抑揚が付きます。

男性諸氏、お互いにがんばりましょう!!「彼はperduよ」なんて美女から影口を言われないように…。

パンペルデュ(フレンチトースト)

unchiku-recipes-33

材料:
全卵 1個
牛乳 120g
パン(2cm幅) 8枚
ブラウンシュガー* 20g
シナモン 1振り
バニラエッセンス 少々
コーヒー 10g
*グラニュー糖でも代用可

1. パン以外の材料を全てボールに入れ、泡立て器でよく混ぜ、15分ほどパンを浸す。(途中ひっくり返えす)

2. フライパンを中火にかけ、バター(分量外)を加え、フツフツ泡立ってきたら1のパンをのせ、両面色よく焼く。(火が通ると、中心部が膨らむ)

3. 皿に盛り付けメープルシロップやバター(共に分量外)を添えて出来上がり。


ウェブサイトができました!
ケータリングや料理教室のお知らせ、今月のレシピなどを掲載。ぜひお立ち寄りください。

coocookingstudio.com




hashimoto-nagisa橋本渚
フレンチ、イタリアンレストランで17年以上の経験を持ち、トロントミッドタウンにて、料理教室を主催。「分かりやすく、楽しい」をモットーに、家庭でできるおもてなし料理を教える。プライベートシェフとしてケータリングを始める。

フェイスブックであなたのご意見、ご感想をお知らせください。

www.facebook.com/CooCookingSutdio


LAYOUT DESIGN BY CHIAKI H.