うんちく好きシェフのかんたんレシピ 第48話

キノコのクリームコロッケ

untiku-sheff161001

材料: 10個分
玉ねぎ 1個 マッシュルーム 8個 牛乳 400g バター 30g 小麦粉 60g 塩、胡椒 各適 小麦粉、卵、パン粉 各適

作り方
1 玉ねぎとマッシュルームをスライスし、サラダ油 (分量外)を入れた鍋でよく炒めた後、細かく刻む。
2 鍋に牛乳 、小麦粉、バターの順に入れ、ホイッパーで 混ぜ、粉が溶けて見えなくなったら、強火で濃度が つくまで混ぜながら火にかける。1 を加え、塩、胡椒で 味を調え、冷ます。
3 2をお好みの大きさにとり、パン粉付けをし、多めの サラダ油(分量外) をフライパンに入れて両面を カリッと焼く。お好みの器に盛り付けて出来上がり。

真実を伝えるという事は、時に大変勇気のいるこ とだと思う。話しをしている相手の鼻毛が出ている 場合、伝えるべきなのか否かは、大変難しいところで ある。立ち話しをしている際に、知人のズボンのファ スナーが開いていることに気付いた場合、伝えるべき かどうかも、頭を抱えるところである。

回りくどいですね…。本題です。アジア人(特に日 本人)のレストラン等におけるチップの少なさは、業界内において有名です。チップで生計を立てているウェイター、ウェイトレスが影でアジア人のチップの 少なさに対する文句(とても誌面には書けないよう な罵詈雑言)を言っているのをしばしば耳にしてきました。確かに馴染みのない習慣なので、分かりにくいのですが、15%前後はカナディアンは通常払います。お酒を飲んだ際は更に…。『郷に入れば郷に従え』私自身気を付けております。ご参考になれば…。

今回はキノコのクリームコロッケをご紹介いたし ます。ホワイトソースはバターを溶かして、小麦粉を 炒めて…、そんな必要はありません。なかなか真実 を教えてくれる人は、少ないものです。牛乳に小麦粉 とバターを入れ、ホイッパーで混ぜ、粉が溶けて見え なくなったら一気に煮立てて出来上がり。

えぇ〜っ(驚)、毎月の駄洒落が読むに堪えないで すって! 真実を知ることは、時に耳が痛いものだ。



hashimoto-nagisa橋本渚
フレンチ、イタリアンレストランで18年以上の経験 を持ち、新たなコンセプトでカフェレストラン、COO Café Bread or Rice を立ち上げる。誕生日パーティーや、少人数のディナー パーティーのケータリングも承っております。

カフェの詳細、トレンドはフェイスブックとTwitterでチェック!

Facebook: CooCafeBorR
Twitter: coocafeborr


PHOTO AND LAYOUT DESIGN BY CHIAKI HASHIMOTO