ユニクロ この秋、カナダに2店舗オープン!

2016年秋、ユニクロが満を持してトロントに姿を見せる。記念すべき第1号店はイートンセンター、続く第2号店は、ヨークデール・モールにオープンする。オープンに先駆けて、6月15日、カナダのメディア関係者にむけて、ユニクロの2016年秋・冬コレクションの発表会を行い、同時にユニクロ・カナダ最高執行責任者である林泰寛氏が挨拶とともに、ユニクロのコンセプトおよび注目の商品について説明を行った。
uniqlo160704

uniqlo160701
uniqlo160702

林氏はまず、ユニクロはその品質と価値に焦点を置いていると述べた。しかし、ただ品質や価値にこだわるのではなく、顧客からの声を真摯に受け止めることで、その双方の向上に努めて続けているとユニクロの姿勢を伝え、ユニクロのメイン・コンセプトとして知られる「LifeWear」のビジョンを集まった関係者に説明を行った。「LifeWear」とは、“シンプルなものをより良くする。それは、生活をより豊かにする。”としたユニクロが全世界で掲げている特徴あるオリジナルのコンセプトだ。林氏は「LifeWear」の例をカナダでの日常に重ねて、「家では、家族や友人と過ごす時に使われるパーカー、カナダの厳しい冬の寒さを耐えるためのジャケット、そして近年オフィスで提唱されてきているカジュアル・スタイルなど、平日や休日を過ごす生活の中で、それらは日常のごく一部であり、そういう当たり前の日々を、ユニクロの商品がより良くするための提案をしています。衣服は私たちの生活に密接し、欠かせないものです。ユニクロのオリジナル・コンセプトである「LifeWear」、その理念に基づき、カナダの気候や住んでいる方々のライフスタイルに合った商品をカナダで提供していきたいと思います」と語った。

uniqlo160705
uniqlo160706

 さらに、林氏は「ユニクロのグローバルブランドアンバサダーを務めるアスリートである、プロテニスプレイヤーとして世界トップクラスのノバク・ジョコビッチ選手や錦織圭選手、車いすテニス第一人者の国枝慎吾選手、そしてプロゴルファーとして世界のトッププレイヤーであるアダム・スコット選手らの名前を挙げ、カジュアルウエアブランドとして世界No.1を目指すユニクロが世界の頂点を目指すアスリートをサポートしていることに触れ、あらゆる人々がスポーツでも日常でも快適に着用できる高機能ウエアの開発を追求し続けていることを案内した。会場では、ユニクロ・カナダのスタッフとの懇談とともに、 軽さが特徴のウルトラ・ライトダウン、保温効果が抜群に発揮されるヒートテック、品質やその上品さを失わず、リーズナブルな価格で提供されているカシミア商品などを、来場者が実際に商品を見て触ることができ、多くの人が関心を持てる機会となった。会場で行われた弊誌の取材に対して、林氏は、「カナダでの日常のどんなシーンにも合わせられる商品を提供していきたい」と述べ、オペレーションもユニクロが世界各国で築き上げてきたグローバル・サービスをトロント店でも徹底し、日本のようにカップルでも、家族でも、子供連れなどでも気軽に来店できるユニクロらしさを演出・実現していくと語ってくれた。また弊誌読者に向けて、「多くの日本人の方々にはおなじみのユニクロの品質やサービスをトロントでも提供し、より多くのお客様にユニクロを知っていただきたいと考えています。ぜひご来店ください」とメッセージを頂いた。
uniqlo160707
当日は、長年注目されてきたユニクロのカナダ進出の初お披露目ということもあり、多くのメディア・ファッション業界関係者で賑わっていた。今まで日本はもちろんニューヨーク、シカゴなど世界各国にあるユニクロに来店し様々な商品を購入してきたという、SIDEWALK HUSTLE編集長、 Hawley Dunbar氏は保温効果のあるヒートテックはオシャレをする際、必須アイテムになると語り、やっとカナダにユニクロがオープンするということで、自宅から近くなったことがとても嬉しいと、喜びを語ってくれた。 また、7年ほど前から毎年アジアで働く機会がありユニクロの熱狂的なファンだというShaun Marks氏は「ヒートテックやダウンジャケットを愛用しており、カナダの冬にとても役立っています。今後、ユニクロがカナダのトレンドにどう定着していくかとても楽しみです」と教えてくれた。さらに、Business News Networkのリポーター、Kristina Partsinevelos氏は「以前、日本に住んでいたことがあり、ユニクロには親しみがあります。特に軽くて旅行などでも使いやすいウルトラ・ライトダウンは注目です。昨今、カナダでは多くのブランドが閉店を余儀なくされており、市場は今とても難しい局面を迎えていると思います。しかし、世界で驚異的な成長をみせるユニクロがどのようにカナダに馴染んでいくかが非常に興味深いです」と独自の見解を述べてくれた。カナダ人にとっても日本人にとっても待ちに待ったユニクロが、いよいよトロントの街で披露される。「LifeWear」という究極の普段着を提供するユニクロの商品は、ここカナダでも多くの人にその良さがきっと伝わることであろう。
uniqlo160708