わたしの甘いあまい日々

windup-birds-cafe

食べたものはまちがいなく栄養になる。プロテイン、ビタミン、カルシウム。たっぷりの野菜と、からだをつくるのにじゅうぶんなお肉。名だたるレストランでおしゃれなディナーを楽しみたいし、はたして甘いものにどれだけの栄養があるのかはわからないけれど、そして多くの女の子たちはスカートがきつくなることを恐れているけれど、それでもわたしたちは食後のデザートをオーダーせずにはいられない。…と思う。わたしだけではないはず。

トロントでは多くのひとがレストラン事情を気にしていると思います。NOW magazineではしょっちゅうレストラン特集が組まれ、yelp!ではこの一秒にもあたらしいレビューが投稿されてる。みんないまいちばんホットなレストランを知りたがってる。

雰囲気、お料理、プライス、ロケーション、ワインリスト。そのレストランをお気に入りに加えるかどうかの基準はひとそれぞれだと思いますが、わたしにとってはデザートがチェックリストのいちばんめ。最後のお皿だし、終わり良ければすべて良し、というし。

Spadina streetとBathurst streetのちょうど中間、College street沿いにあるレストラン、Windup birds cafeは甘いもの好きさんにはとくにおすすめしたい場所。お料理もおいしいし、壁にかかったアートなど雰囲気もすてき、おまけにサーバーはスーパーキュート!

なかでもデザートは最高で、小麦粉を使っていないグルテンフリーのケーキやビーガンでも食べられるスイーツなど、健康への心づかいもすばらしい。

トロントのひとたちは、わたしたち日本人より気軽にレストランを利用している気がします。ランチやディナーだけでなく、もちろんお友達と昼下がりのお茶を楽しむのに、お気に入りのアドレスのひとつやふたつ、用意しておきたいなと思います。トロントニアン(この呼びかた、ちょっと微妙ですよね!笑)ぶってるわたしとしては。