留学カウンセラーが説く留学の心得 Vol.45 日常生活編5

前回は母の日やこの時期にお勧めのトロントならではのスポットとしてCasa Lomaのお話をしましたが、今回は父の日周辺の時期に合わせてお勧めのトロントのアクティビティーについて少し触れさせていただこうと思います。もしもこの時期にお父さんがトロントに遊びに来てくれていたら、私個人的にも一緒に行きたい所(やりたいこと)の一つとして、Rogers Centreでのトロントブルージェイズのメジャーリーグ野球観戦が挙げられます。

日常生活編5:地元の人達に愛されているメジャーリーグチームの試合観戦を体験しておきましょう!

もともと野球などのスポーツに興味がない人でも、メジャーリーグ野球と言えばその存在を知らない人はあまりいないでしょう。日本のプロ野球選手もその多くが一度はこの北米メジャーリーグで活躍することを目標にしていると思いますし、実際に大活躍している日本人選手もいますね。日本やカナダの他の都市だとなかなか■機会もないメジャーリーグですが、トロントにはカナダで(現在のところ)唯一のチーム「トロントブルージェイズ」があり、地元の人達から根強い人気を誇っていますので球場の雰囲気を生で味わうだけでもとても貴重な体験ができます。

相手チームにたまたま日本人の有名選手がいることもよくありますので、その選手を見に行くという理由で試合観戦に来る日本人留学生も多くいます。メジャーリーグはパワーで勝負と言うような感じで大きなホームランも良く出ますので、観ている側としてはあまり詳しくなかったとしてもその迫力などを楽しめると思います。会場でビールを片手に周りの観客と一緒にトロントのチームを応援するという雰囲気はなかなか楽しいですよ。


トロントはこのメジャーリーグ野球以外にも、NBAバスケットボールや北米サッカーリーグ、そして勿論ホッケーも含め、色々なプロスポーツのチームがあり、地元の人達の中には熱狂的なファンも多いのでその中で一緒にトロントのチームを応援する場にいくと不思議とまわりの観客との一体感のようなものを体験できることも多いといえます。試合のあとは現地の人達との会話のトピックにもなりますので、ある程度知識があると地元の人達との会話についてけるきっかけにもなるわけです。

また、トロントブルージェイズの本拠地である球場Rogers Centre(かつてはスカイドームと言う名前で親しまれていました)は、実は世界初の可動式屋根付きスタジアムとして1989年に開場し、野球場としてばかりでなくアメリカンフットボール球場や1995年から1999年まではNBAのトロントラプターズの本拠地としても使われたり、大物アーティストのコンサートや大規模なイベント会場としてなど、多目的スタジアムとしてトロントの大事な名所のひとつとなっています。収容人数は5万人以上。

CNタワーの隣にたたずむドームとして、トロントといえばお馴染みの場所といったイメージになっていると思いますが、そんな場所で地元のファンと一緒になって観戦するメジャーリーグプロ野球はやはりトロントで滞在しているからには一度は経験しておきましょう!



hiroko-takabayashi-east-west高林紘子

East-West カナダ留学センタートロント社代表
大学卒業後2001年に語学留学でトロントに渡来。語学留学とビジネススクール、ワーホリなどを経たのち、ジョージブラウンカレッジに進学。 成績上位者Dean’s Honour のタイトルを得てPost-Graduate Diploma取得。カレッジ卒業後、現職に就き就労ビザを経たのち永住権取得。カウンセリングした留学生は延べ1千人以上にも及ぶ。
HP: www.eastwestcanada.jp