めるものえいご 第33回 ~クリシェ(cliche)~

今日のテーマはcliché。何それ、おいしいの?と言いたくなる、洋菓子みたいな単語ですが、起源はフランス語。使い古されて、意図された力・目新しさが失われた常套句、決まり文句のことを指します。例えば、

A:He dumped me for no reason. Lol 意味もなくふられた!
B:Oh, no! But, what goes around comes around. えーひどい!でも、(彼に)ツケは回ってくるものやからさ。
悪いことは巡り巡って戻ってくるといういう意味の熟語です。あまりに使い古された表現すぎて、本心から励まされているように感じません・・・。

A:I really liked him though…. でも彼のこと、すごい好きやったんやけど・・。
B:Every cloud has a silver lining. どんな厚い雲でも光の指す部分はあるもんやし。(=悪いように見えてもいい部分もあるはず)日本語でも似たような表現はありますね。フラれて落ち込んでる所で、ドヤ顔で『止まない雨はないんだぞ!』とか言われても、『やかましわ!しばくぞ!』と逆に殺意を抱きますよね。

日本語でも決まり文句のことを【手垢のついた】表現、と言いますが、この【手垢のついた】という言葉それ自体、なんだかもう見慣れすぎて、しかも、使った人の“私、難しい言葉知ってますねんで”というドヤ顔が目に浮かんで鼻についたりしませんか?まさにそれをclicheと言うんですねぇ。

A:How can I get over him? どうやったらアイツを忘れられるかな?
B:Don’t’ cry. Laughter is the best medicine. 泣くのを止めて。笑うのが一番の特効薬よ。
A:Thanks…. ありがとう・・・。
B:I’m here for you! All for one, and one for all! 私はあなたの味方よ!みんなは一人のために、一人はみんなのために!  First and for most もっとも大事なこととして(= most importantly)
In this day and the age 現代において(= At present)

え?でも熟語として習った表現なんだけど・・・使っちゃダメなの???と不安になりますが、決まり文句=ダサい、というわけではありませんから、日常会話で使うものもありますよ。Off the top of my head、例えば『Awesome!』という褒め言葉を聞いたことがありますか?辞書を見ると、『畏怖を抱くほどのすごさ、荘厳な、うやうやしい』という意味が出てきますが、もはや元々の意味を失って、日常会話では『すごい』という意味で広く使われていますし、文頭の『すぐ頭に浮かぶものとして言えば』という表現もとても一般的ですよ。どんな表現がcliché と言われるのか、ぜひ調べてみてくださいね♪

And they all lived happily ever after.(そして、みんな幸せに暮らしましたとさ)めでたし、めでたし。



merumo-unno-thorpe海野 芽瑠萌(Merumo Unno Thorpe)
日本の進学塾にて英語文法・受験対策で5年以上の指導にあたり、数多くの生徒を関西の有名高校へ合格させる。カナダでは英語教育者としての経験と、自身の留学経験を生かしながら留学エージェントへ勤務、その後語学学校にて更なる経験を積んだ後、2012年、トロントで最大規模の留学エージェントBRAND NEW WAYを起ち上げる。現在トロントマネージャーかつカナダ統括ディレクターとして、実践のみならず知識・教養としても役立つ語学留学の提供を目指す。
HP:www.bnwjp.com