音楽教室で子どもの成長を見守るお母さんと講師のお二人に直撃取材|ヤマハ音楽教室がマーカムに移転記念シリーズ2

“楽しみながら音楽を学べるところ”
“日本と同じプログラム・メソッドが魅力”

お母さんに聞きました!
ヤマハ歴4年目突入 7歳のお子様がヤマハ音楽教室に通われている
前田恵理さん


5歳の時からピアノの始めたお嬢さまは、今では作曲をすることが楽しいという。

素敵な先生と一緒に、音楽以外にも成長できる環境

ーお嬢さまが音楽を習い始めたきっかけを教えてください。

 娘は小さな頃からコミュニティセンターや保育園でのサークルタイムやお遊戯、歌の時間がとても好きでした。私自身は音楽はやっていませんでしたが、世界を広げるきっかけとして習わせてあげたいと考えていました。

ーヤマハ音楽教室を選んだ決め手は何でしたか?

 子供向けのサークルタイムやリトミックで歌や音楽に慣れてから楽器を始めるような教室を入学前にたくさんリサーチしました。保育園の保護者を通じてヤマハ音楽教室の年1回のコンサートに招待していただいたところ娘も気に入り、体験入学をしてヤマハ音楽教室に決めました。まず楽しみながら音楽を学べるところと、日本と同じプログラム(音階も〝ドレミ〟を使う)ところがヤマハ音楽教室を選んだ大きなきっかけです。

子どもをその気にさせてくれる〝教えるプロ〟

ーお嬢さまは現在どのようなクラスに通われているのですか?

 グループレッスンと個人レッスンに通っています。

ー通い始めてからの印象はいかがでしたか?

 娘が自分から行きたいと言ってくれるので嬉しいのと、親も一緒にクラスに入れるのがいいですね。全ての先生を存じているわけではないのですが、どの先生も子供をちゃんと見てそれぞれの特徴やキャラクターを理解してくださっているので安心できます。〝教えるプロ〟なんだなという印象です。音楽の先生でありながら保育園の先生のようで、子どもをその気にさせるのがとても上手です。

ーお嬢さまはクラスのどのようなところが気に入っているのでしょうか?

 個人レッスンでは作曲するのが楽しいようです。グループレッスンではクラスのみんなとアンサンブルで一つの曲を作るのが好きなようです。

ーお子様の様子は習い始める前と後で変化はありましたか?

 自信をもって色々なことができるようになったと思います。もともとは引っ込み思案だったのですが、人前に出てピアノを弾いたり発表したりすることが堂々とできるようになりました。音楽に加えてこのような成長があったのはとてもプラスだったと思います。

保護者も一緒に楽しめるクラス、家族の輪も広がるグループレッスン

ー保護者の方も一緒にクラスに参加されるということですが、どのような感じですか?

 先生が子どもをしっかり見てそれぞれに合った教え方をしてくださるので、とても助かっています。また、私も娘と一緒に習い始めて楽しんでいるような感覚です。

ーお家で練習をする際に、気を付けている点や工夫されている点はありますか?

 先生が毎週宿題シートをくださるので、それに沿って練習をやるようにしています。あとは喧嘩にならないように…ですね(笑)。先生の言葉を伝える役割としてなるべく客観的になるように気を付けています。あとは毎日ピアノを弾いてもらうように心がけています。

ー親子だとどうしても喧嘩になりがちですよね、私も母とその経験があります。お嬢さんがピアノを弾きたがらない時もあるのではないですか?

 そうですね、友達と遊びたかったり疲れていたり、また3年目になって難易度も上がってきたので少しつらい時もあるようです。ただコンサートやお友達と会うのも楽しいようなので、やりたいという気持ちは強いようです。お世話になっている先生も、練習すればできるようになると根気よくおっしゃってくださるので助かっています。

ーご家族同士のコミュニティも広がるのでしょうか?

 グループレッスンのクラスの仲間でクリスマスパーティーをしたり、親同士も仲良くなってお付き合いをするようになるので、家での練習方法を相談しあったりもします。

楽しむだけでなく緊張感と達成感が子どもの成長を後押ししてくれる

ーヤマハ音楽教室に通われている中で、一番の思い出は何でしょうか?

 私としては初めてのJOC(ジュニアオリジナルコンサート)です。作曲した曲を発表するコンサートなのですが、娘より私の方が緊張していたと思います。

 娘はおそらく、ヤマハ音楽教室独自のグレード試験でオールAの評価をもらったことが一番の思い出だと思います。達成感があったのが良かったのだと思います。楽しむだけではなくて緊張する場面や発表する場面もいただいて、子供を後押ししてくれるカリキュラムがあるところも良いところだと思っています。

ー今後音楽を通じてお子様に体験してほしいことや身に着けてほしいことはありますか?

 音楽を好きになってくれればと考えています。音楽を通じて世界も広がると思いますので、様々なことに興味を持つ礎や、友達を作るきっかけにしてほしいです。

 これから楽しいことだけなく辛いこともあると思うのですが、そのような時に音楽が娘にとって楽しめたり寄り添えたりするものになってくれればと願っています。

講師に聞きました!
ポジティブなエネルギーが溢れる ヤマハ音楽教室 講師
森 真希子さん


2歳児、3歳児、4~5歳児、6~7歳児のグループレッスンとプライベートレッスンを担当

自身もヤマハメソッドに4歳の時から触れ合う

ー森先生の経歴を教えてください。

 4歳のころからヤマハ音楽教室に通っていました。2001年に東京でヤマハ音楽教室の講師を始めました。2007年にカナダに来て、こちらでは2009年から講師として働いています。

友達と一緒に成長できるグループレッスンの魅力

ーヤマハ音楽教室のコースの魅力は何でしょうか?

 グループレッスンです。2、3歳もそうですが、4、5歳になるとさらにまわりのお友達のことが気になってきます。お友達が上手に弾ける、歌えるというのが良い意味でプレッシャーになって、自分もできるようになりたいという気持ちが芽生えると思います。このような刺激を受けられるのはグループレッスンならではの魅力だと思います。

ーグループレッスンではどのようなことが体験できるのでしょうか。

 それぞれの年齢に合った内容を教えていきます。例えば2歳児のクラスはほとんどのお子さんにとって初めてのオーガナイズされたクラスになりますので、お友達との関わりや、社会性も少しずつ身に着けていただけると思います。少しずつ自我が芽生えてくる3歳児は、保護者の方と先生のサポートを受けながら自分で何かを達成するという感覚を経験できます。

 4、5歳は先生や周りのお友達との関わりあいがより発達してきます。指も動くようになってくるので、「ド」は「ド」として五指を使ってピアノを弾くようになります。1時間の中でピアノを弾いたり、歌ったり、音を読んだりと色々なことをしますので、クラシック以外の様々な音楽に触れる機会があります。

ー2、3歳児のお子さんは楽器とどのように触れ合うのですか?

 クラスに大きなドラムがあるので、そのまわりにみんなで座って音楽に合わせてドラムを大きくたたいたり、小さくたたいたり、楽器を教えるというよりは〝「大きい」や「小さい」を理解したうえでそれを楽器にしたらどうなるかな?〟という感じです。

論理は後、楽しく音楽を学ぶ工夫

ー生徒の皆さんは作曲にも取り組むそうですね。作曲というと難しそうですが。

 確かに作曲というと堅いイメージですが、自分で創造して曲が作れたり、街で耳にする音楽に伴奏を付けられるようになったりなど、耳の教育の一部という位置づけです。もちろん、いきなり「曲を作ってきなさい!」ではなく、作曲するために必要なことを少しずつ教えていきます。長い時間をかけて曲を少しずつ理解していき、まずは短いメロディーを作ってみるという流れです。感覚から入っていくので、子供たちはそこまで難しく感じていないように見えます。

ー教え方にとても工夫があるのですね。

 そうですね、ヤマハは「論理は後」なので4、5歳までは楽譜を読むのは最後のステップです。聞いて・歌って・弾いてから「これが今弾いた曲だよ」と楽譜を見せます。子供が言葉を習得するのと同じような過程で、あまり負担にならない方法で学んでいけます。年齢が上がれば読む力もついてくるので、楽譜を読むことから始めることもあります。

子供たちも先生も、楽しくイキイキ

ー先先生から見て子供たちがイキイキとしているのはどのような時ですか?

 4、5歳になると、「自分で何かができた」という瞬間はとても楽しそうに見えます。少し大きくなるとアンサンブルと言って1クラスを3つのパートに分けて1つの曲を弾きます。練習を続けるにつれて段々とできるようになり、子供たちも上手に弾けているのが分かったときはとても達成感があってイキイキとしています。

ー先生ご自身が楽しい瞬間はどのようなときでしょうか?

 子供たちが楽しそうにしているときは私自身も楽しいです。例えばアンサンブルであれば一人一人が頑張ってとてもよく弾けたときはとても楽しいですね。作っていく過程も面白いです。変な音が出たり、間違ってしまったりしてみんなで笑ったりすることもあります。また、教えたことに対して子供たちから良い反応が返ってくるときも楽しいですね。


ヤマハ音楽教室

ダウンタウン マーカム校

住所: 169 Enterprise Dr
HPyamahamusicschool.ca
電話: 416-224-5590
Email: school@yamaha.ca