【3月31日Covid-19・カナダ全国版ハイライト】学級閉鎖延長など | 新型コロナウイルスニュース

カナダ全国の新型コロナウイルス感染拡大に関するニュースをお届けする全国版ハイライトのコーナーにようこそ!
本日の話題のニュースはこちら!

オンタリオ州、マニトバ州が学級閉鎖の延長を発表、オンラインコースを促進

マニトバ州は、先週の月曜から3週間を予定していた学級閉鎖を現在のところ無期限に延長をすることを決定した。しかし生徒はこれの影響で進級や卒業不可とされることはないと改めて明確にし、生徒はリモートで教員から課題を受け取るなどすることで最終成績表の受理もされる上に担任からの学習評価も続くという。

難しい時ではあるが今年度の学級を続ける上で教員と生徒の積極的なコミュニケーションと学習が必要だと政府は述べた。建物自体は閉鎖されるが学校には少数のスタッフが残り教員が必要な資料などにアクセスできるようになっており、学校に並置されている児童保育所も保健所の指示に従いながら運営されている。

さらに今日オンタリオ州もまだまだCOVID-19の収束がつかないことから当初の予定を変更、公立学校の閉鎖を最低あと一ヶ月続け教員・生徒共に開校は早くても5月の初めになることを発表。マニトバ州同様、この期間の学習も教員によって評価されるためこれによって生徒が卒業不可になることはないが、今学期が夏まで延びる可能性はあるという。

政府はオンラインコースやそうでなければ電話によるコース、学習パッケージの郵送など含めカリキュラムに沿った授業内容を進める方法を試行錯誤している。そこでまず政府は教師主導の新プログラムを発表。今後生徒は教員や学校職員だけでなくメンタルヘルスケアワーカーとも連絡を取り合っていくという。

また、政府や教育委員会はパソコンなどを必要とする生徒にデバイスの配布をしたり、生徒の学習進展のために平等で非排他的な機会を提供する努力をしていくと述べた。さらに教員にもオンラインでより良く教える方法などのトレーニングも提供する。

具体的なプログラム内容:

  • 幼稚園から3年生; 国語と算数に重点を置いた毎週5時間の学習
  • 4年生から6年生; 国語、算数、理科、社会を主に毎週5時間の学習
  • 7年生から8年生; 国語、数学、理科、社会を主に毎週10時間の学習
  • 9年生から12年生; 学期制生徒は各コース毎週3時間、通年生生徒は各コース毎週1.5時間の学習
    https://winnipeg.ctvnews.ca/schools-suspended-indefinitely-in-manitoba-1.4875563

ブリティッシュコロンビア州食料品スーパー用ガイドライン

ブリティッシュコロンビア州が発表した食料品スーパー用のガイドラインには入り口やレジ、他の高めの所など店舗内中にハンドサニタイザーを設置することはもちろん、大口の商品の規制や現金・クレジットカードを扱う店員数の限定、スーパの利用者が再利用可能バッグなどの持ち込みを防ぐために店舗に清潔な手荷物用袋を用意することなどが記載されている。

また、各店舗はレジ場にテープなどで2Mずつマークをして利用者の物理的距離を保つよう勧められた。さらにローカル店舗ではアクリル樹脂の透明なガラスをレジに設置したり高齢者用の限定時間を設けたりなどの特別措置も取るよう指示されている。州政府は大きな店舗においては物理的距離のルールに則っている以上一度に50人以上の入店を許可しており、利用者にもお互い距離を保つよう呼び掛けている。

加えて体調が良くない店員は14日間仕事を慎むことや具合が悪そうな利用者には店員が自宅に帰って宅配サービスを使用するよう指示することも州は要請した。

https://vancouverisland.ctvnews.ca/b-c-releases-guidelines-for-grocery-stores-during-pandemic-1.4874353

……………………………………………………………………………………………..
【注目】毎日更新・アップデートされる新型コロナウイルスに関するニュース・情報・解説記事などをまとめたコンテンツはこちら
……………………………………………………………………………………………..

長期介護施設利用者へiPadの配給

長期介護施設に暮らす高齢者のためにノバスコシア州のマクニール州知事は先週末iPadの購入・配給を発表した。4月いっぱいに渡って800数に及ぶタブレットが州の介護施設に配られる。

これは、高齢者が簡単に家族と連絡を取り合えるようにすると共に、画面を通して孫に会ったり笑い声を聞いたり手芸を見せたりとこのような時だからこそ家族を近くに感じられるようにといった願いからであるという。
https://globalnews.ca/news/6741322/17-new-cases-ns/

トロント公共交通機関TTCラッシュ時避けるよう換気

未だ朝のラッシュ時は人で溢れるトロントであるが、トロント公共交通機関TTCは、朝のラッシュ時において特に以下の9つのバスルートを控えるよう利用者に呼びかけた。

  • 123 Sherway
  • 44 Kipling South.
  • 102 Markham Road.
  • 119 Torbarrie.
  • 41 Keele.
  • 35 Jane.
  • 96 Wison.
  • 165 Weston Rd North.
  • 117 Alness-Chesswood.

朝の乗車が必要不可欠でない限り7時30分以降の乗車を勧めており、バスやストリートカーが混んでいる場合は次の便を待つように注意もした。当ウェブサイトでは、交通機関のスケジュールはほとんど変えず多く運行しているためその時の待ち時間も長くはならないと述べられている。

https://www.cbc.ca/news/canada/toronto/covid-19-coronavirus-ontario-lecce-schools-1.5515855

医療従事者用防護具の寄付をビジネスに呼びかけ

プリンスエドワード島州政府は医療従事者用のマスクや顔面シールド、防護衣といった個人保護具の寄付提供を各ビジネスに呼びかけた。政府によると現時点でそれらのニーズを満たす分は十分にあるが、これから防具を中心となるアクセスポイントに収集することで今後に備える方針だという。

最近では、州都のシャーロットタウンやサマーサイドにドライブスルーのウィルステスト場が設立されたことによりスタッフの防護衣をはじめた個人保護具の消費を減らすことに成功している。

https://www.theguardian.pe.ca/news/local/updated-three-more-covid-19-cases-confirmed-as-authorities-warn-of-crucial-weeks-ahead-431979/

本文=TORJA特派員 川田英奈