【注目】映画館を運営するカナダ最大手「Cineplex(本社トロント)」が数千人のパートタイムを解雇 新型コロナウイルス


カナダ全土で映画館を運営する最大手のCineplex(本社トロント)が数千人のパートタイムを解雇した。
米国とカナダで約1万1180人のパートタイム従業員がいるとされる。(2018年12月31日)
同社はCOVID-19の影響により映画館を閉鎖している間、従業員の解雇そして減給を行なっている。

さらにエグゼクティブ・スタッフは給与の80%をカットを発表している。

なお、同社はEIの受給資格がないパートタイムの人たちにEI受給と同等の一時金を支払い、さらに再雇用もしくは他の雇用主を探す手立てを講じていると話している。

新型コロナウイルス感染拡大を受けてカナダでは先週の時点で既にEI申請が50万人を超えている。
今週以降、さらに大幅に増える見込みと思われる。

【関連記事】
エアカナダ フライトアテンダントなど5100人以上を解雇 シルク・ドゥ・ソレイユも95%の団員をレイオフ