カナダ・ブリティッシュコロンビア州が経済再開計画を発表。第二ステージは5月中旬予想 | 【VANJA】

カナダのバンクーバーなどで知られるブリティッシュコロンビア州は今後どのように経済を再開していくか、多方面における段階的な計画を発表した。

第二段階は5月中旬ごろからの開始が予想

今後あらゆる産業や機関は、「Public Health and Safety Guidelines」や「WorkSafe BC」などの公衆衛生を安全に保つためのガイドラインに則ったプロトコルを発展させることが要求される。なお、ナイトクラブやカジノ、バーなどの再開のタイミングにはさらなる考慮が必要とされるとした。

教育面では残りの学期中に児童生徒が教室に戻る可能性は高いとは言えないが、復興における教育機関や文部省の最大のゴールは児童生徒が教室で授業を受けられるようになり、親が仕事場に復帰できるようにすることだという。野外スペースに関してもやはり訪れる人々はもちろん、そのスタッフやパークオペレーターなど従業員の安全も保ちながらサービスや安全なアクセスの提供ができるよう開放していく。

現在、主に必須ビジネスが稼働し教育施設などが閉鎖している状況を第一段階とすると、第二段階は5月中旬ごろからの開始が予想されている。それには以下のような項目が含まれている。

【第2ステージ】
・歯医者や物理療法・マッサージセラピー、整骨院などの機関をはじめとした現在閉鎖している医療機関を再開し、これまで延期されていた緊急的でない手術の日程を再調整
・遠隔ではなく直接的なカウンセリングの再開
保育施設などの再開
・小売店や美容院・理髪店など個人サービス施設の再開
・物理的距離を保ちながらレストランやカフェ、パブなどをオープン
・博物館や美術館、図書館を再開
・オフィスベースの職場を再稼働
・レクリエーションやスポーツ活動を再開
・公園やビーチなど野外スペースを開放

5月14日をもって、物理的距離政策に対応できる州の公園やレクリエーション施設、ハイキングトレールは日中の使用のみで再開される。なお子供用の遊び場や休憩場、ビジターセンターなどは引き続き閉鎖される。

第三段階の稼働は、感染率が低い状態が続き、減少傾向にあることを前提に、6月から9月頃と予想

【第3ステージ】
・ホテルやリゾート地の再稼働 (6月)
・宿泊キャンプ施設などを含め、第二段階からさらに広範囲に渡る野外スペースの再開 (6月)
・国内制作をはじめとした映画産業の稼働 (6月/7月)
・映画館や小規模のコンサートなど限定されたエンターテイメント活動を再開 (7月)
・新学期が始まる頃には大学などの中等後教育をオンラインと教室内の授業をミックスしながら再開 (9月)
・幼稚園から高等教育までのK12教育機関では、年内中は教室内の授業は部分的にのみ再開していく (9月)

第四段階はいつ頃になるかまだ発表されていないが、予防接種の普及か集団免疫現象の可能性、幅広い成功が見られた治療の発見などの条件付きで再開予定の項目が提示された。

【第4ステージ】
・政党大会やスタジアムなどでの直接のスポーツ観戦、大人数のコンサートなど大規模な集会の開始
・海外旅行の開始