【オピニオン】この景気刺激策だけではカナダのスモールビジネスの困窮した現状を救えない 新型コロナ


3/18、カナダのトルドー首相は先ほど会見を行い、カナダの労働者と企業を支援するために820億ドルの景気刺激策を発表した。
速報記事はこちら

しかしながら、その内容についてCOVID-19の感染拡大がカナダ国内で広がる中で、州・市それぞれで非常事態宣言が発令され、レストラン・バーをはじめ各ショップや施設などが一時的・部分的な営業停止や閉鎖に追い込まれており、倒産危機や失職・レイオフが懸念となっている現状に対して、それを止めるのに十分ではないとの意見が広がってきている。

こちらの記事でも指摘されているように、この施策だけではカナダのスモールビジネスの困窮した現状を救えないと、トロントに在住し実際にレストランやスモールビジネスを営む方や街の様子を見ていても思う。一刻も早い追加施策や様々な援助や活動が必要だと述べたい。

TORJAではSNSやWEBなどを顧客およびカナダでビジネスをしている事業主にオープンにし、プロモーションや告知などに活用してもらいたいと考えている。掲載したい情報をDMもしくはメールにてコンタクトしてください。

「Coronavirus relief package likely not enough to stop widespread layoffs, some observers warn」

………………………..一部抜粋………………………..
He noted that the wage subsidy for small businesses announced by the Canadian government — 10 per cent of wages over the next 90 days, up to $1,375 per employee or $25,000 per employer — is far lower than a similar subsidy made available in other countries.

“Unfortunately, while the measure is a good one, the level of the subsidy needs to be far higher in order to help — closer to the 75 to 90 per cent levels announced in many European countries,” he said.