裏技!ショップ店員が知っている、プラン料金をお得に使う方法とは?|カナダのけーたい屋さんが教えてくれる“海外携帯電話事情”【第16回】

 携帯のプラン契約してから、見直しをした方が良い時期、それはズバリ契約から3か月後、6か月後、2年です。2年後に見直しした方が良いというのはご存じの通り、契約更新で機種と一緒に新しいプランを選ぶことになるからです。それ以外に、絶対見直した方が良い時期というのがあります。今回は、ショップ店員が知っているプラン裏技についてご紹介します。

1. ロイヤリティープラン

 ロイヤリティープランは長期でご利用いただいたお客様へでる特別オファーのプランのことを指します。基本料金を遅れることなく支払っていると、ロイヤリティーカスタマーと見なされ、キャリアにもよりますがおおよそ6か月後以降にオファーが出るところが多いようです。

 日本には長期割引がありますがカナダには無いので、ロイヤリティープランが出ている場合はぜひ変更しましょう。自動的に変更はされませんので、何か良いプランが出ていないかぜひ問い合わせしてみましょう。今までよりだいぶお得なプランが見つかるかも知れませんよ。

2. マイグレーションプラン

 マイグレーションプランとは、携帯業界で①同番号で子会社から親会社のポストペイド(後払いプラン)へ変更、もしくは②プリペイドからポストペイドへ同番号で変更することを指します。プリペイドプランを利用の場合は、契約から3か月くらいで親会社へ変更可能なオファーが出ることがあります。具体的には、同じ基本料金でも利用出来るデータ量などが増える場合があります。

例: 今まで$40で5ギガのプランを利用→マイグレーション後、同じ値段$40で6ギガプランへ変更可能!マイグレーションの条件もあるので、合わせて確認しておくと良いでしょう。

 カナダの携帯キャリアで働いていると、よく聞かれる質問があります。データは繰越できるのか、年割はあるのか、家族割りがあるかどうかなどです。残念ながらこの質問の回答はNOですが、工夫次第でプラン料金をお得に使えますので、みなさま今すぐ相談してみましょう。

アメブロ: ameblo.jp/ketaiya/
YouTube: Ketaiya Canadaけーたい屋チャンネル

けーたい屋 SAYAKA YU

日本ではドコモショップにて8年勤務、カナダでの携帯キャリアはFIDO、BELLを合わせ10年以上。わかりやすいご案内をモットーに、時代と共に変化する携帯事情を世界へ発信中。