東北被災3県から10名の生徒が2週間カナダを体験・Support Our Kids(SOK)

8月7日〜21日@JCCCを含むトロント市内・近郊各所

support-our-kids-2014-01

送別会最後には、感謝の気持ちを込めて ソーラン節を披露!

キャンプで出会った子供たちやホストファミリーなど お世話になった方々と、SOKメンバー

キャンプで出会った子供たちやホストファミリーなど
お世話になった方々と、SOKメンバー

送別会で涙ながらに語るSupport Our Kids in Toronto 実行委員長の瀬戸山久子さんと引率者の高土聡子さん

送別会で涙ながらに語るSupport Our Kids in Toronto
実行委員長の瀬戸山久子さんと引率者の高土聡子さん

約2週間の滞在を振り返って ホストファミリーの方々にお礼の手紙と言葉を贈る

約2週間の滞在を振り返って
ホストファミリーの方々にお礼の手紙と言葉を贈る


今年で催行2回目となる『Support Our Kidsサマーホリデー in Toronto』プログラム。東日本大震災で被災した10名の学生たちと引率者1名の計11名が、8月7日から21日までの約2週間トロントに滞在した。このプロジェクトは震災後10年間被災地の学生たちを海外に派遣することを目的としており、新企会の招致、ロータリークラブ・オブ・トロント・フォレストヒル、トロント総領事館、JCCCなどの協力のもと実現した。参加学生は滞在中、自らの被災体験を各方面に伝えながら、ホームステイ体験やサマーキャンプへの参加、バラエティビレッジやJCCC訪問、ナイアガラの滝観光などを行った。

8月7日にJCCCで行われた歓迎レセプションでは、到着直後の疲れからか、それとも緊張からか、全体的に大人しい雰囲気だった生徒たち。だが、日本への帰国を翌日に控えて行われた20日の送別会では、ホストファミリーやサマーキャンプで出会った子供たち、そしてSOKのメンバーなど、多くの人たちと笑顔で交流し、別れを惜しんで涙する姿も見られた。

生徒たちの参加動機は「薦められて興味を持ったから」「自分を変えたかったから」など、まさに十人十色。思いはそれぞれでも、カナダでの2週間の体験は10人にとって大きな財産となったことは確かなようだ。生徒たちは送別会前夜に、帰国後に『はばたきプロジェクト』を始動することを決めた。今回自分たちがカナダで体験したようなキャンプを日本でもしたいと、震災のことを伝え、防災アクティビティを子供たちに行うのがこのプロジェクトの主旨だ。生徒たちは「SOKはこれで終わりではありません。カナダで得たことを東北に持って帰って活かします」と、お世話になった方々の前で、宣誓とも言える言葉を述べ、会場からの大きな拍手が生徒たちを温かく日本へと送り出した。