老舗スモークミート店「Schwartz’s」

モントリオールに行ったら、一度は味わいたい!

モントリオール名物 老舗スモークミート店「Schwartz’s」 ジェネラルマネージャーFrank Silvaさんに聞く、大人気スモークミートの魅力

schwartzs-01

テイクアウトして好きな場所で食べられる

schwartzs-02

これがモントリオール名物 スモークミートサンドイッチ

秘伝のスパイスを購入することも可能

秘伝のスパイスを購入することも可能


 東ヨーロッパ移民が始めたスモークサンドイッチの店は、今では80年以上続くモントリオールの名物に。秘伝のスパイスと一緒にじっくり寝かされた牛肩肉はスモークされてその香りを増す。ダウンタウンから少し離れたところにあるにも関わらず、ボリュームも味も満点のサンドイッチを食べようといつも長蛇の列ができるほどの人気ぶりだ。モントリオール名物スモークミートの始まりや美味しさの秘密、食べ方まで聞いてみた。
大繁盛店「Schwartz’s」紹介
schwartzs-03

お店Schwartz’s外観

1928年のオープン当時から変わらないお店の雰囲気は、活気に満ちた日本の大衆食堂を思わせる。販売スペースでスモークミートやオリジナルのスパイスを買うこともできるが、この店の魅力はなんといっても併設されているレストラン。テーブル席かカウンター席か選ぶことができ、カウンター席ではサンドイッチが準備される様子を見ることができる。スモークミートサンドイッチを注文するのもよいが、スモークミートプレートとパンを別に頼んで自分で好きなだけお肉を挟んで食べるのも贅沢の極み。お肉好きの方も、そうでない方もモントリオールに行ったら一度は訪れたい有名店だ。テイクアウトも可能なので、天気の良い日は街を散策しながらスモークミートサンドイッチを頬張ってみてはいかがだろうか。


モントリオール・スモークミート店「Schwartz’s」の始まり(以下Frankさん)

「Schwartz’s」は1928年にルーマニアからカナダに移住してきたReuben Schwartzさんが自身の仕事を生み出すために店を始めました。Schwartzさんはルーマニアにいた頃からこのスモークミートを作っていたようです。彼は亡くなる1971年までお店を守り続け、その後は友人のMaurice Zbrigerさんが引き継ぎました。Zbrigerさんも1981年に亡くなってしまうのですが、そこから彼の知人が後を引き継ぎました。このように続いてきた「Schwartz’s」は今では4人のビジネスオーナーに支えられています。その内の一人はセリーヌ・ディオンのご主人だという話はとても有名です。

「Schwartz’s」の未来

2012年の3月から今のオーナー4人に変わりました。一人はご存知の通りセリーヌ・ディオンのご主人Rene Angelilさん、彼の甥と姪MartinとEric Sara、そしてここモントリオールでBaton Rouge steakhouseチェーンやパブを経営しているPaul Nakisさんです。今のオーナー4人はチェーン展開経験があり、地元では「Schwartz’s」もチェーンやフランチャイズになるのでは、という噂が流れました。同時に、もしそうなってしまったら味やクオリティーも変わってしまうのではないかと常連客に心配もされました。ですがAngelilさんはオーナーになる前からセリーヌ・ディオンと一緒によく食べに来ていて、「Schwartz’s」が特別なOne-of-a-kindであることをよく理解していました。なので必要以上の変更は加えず、オープン当時から変わらないレトロな家具や装飾を続けていくことや、フランチャイズなどにはせずこのままの形で続けていく方向で話がまとまっているようです。

守り続けた秘伝の味

「Schwartz’s」のスモークミートの美味しさの秘密はスパイスにあります。もちろん何が入っているかを教えることは出来ませんが、その調合やお肉の準備の仕方などはオープン当時から一切変わっていません。今でも保存料や添加物は一切使わずに、スパイスを揉み込んで10日間しっかり寝かせてから調理しています。3年前に今のビジネスオーナー達に変わった時、現場の我々は少し不安を抱きました。しかしながら、オーナー達は「Schwartz’s」の味を変えるつもりはなく、現場の調理は我々に任せてくれているので、今まで通り伝統の味を守り続けることができています。お店で出しているスモークミートは毎日店内でスモークしていますし、オーダーを受けてから肉をカットし、準備していますのでフレッシュ&ジューシーでとても美味しいですよ。

絶えることのない行列

お店のメニューは何種類かありますが、店内でスモークしているのは牛肩バラ肉だけです。これが「Schwartz’s」で人気のモントリオール・スモークミートです。このスモークミートがお店の売り上げの95%近くを占めており、1日250食、約800キロのスモークミートが売れています。お店が開くのは朝8時からですが、スモークミートなど暖かい食事は朝10時半以降からオーダーが可能となっています。もし行列を避けたい場合は朝は早い時間から11時半頃までに来て頂ければ多少早く店内に入ることができると思います。他にも雨の日など天気が悪いときには地元の方が遠慮する傾向にあるので列が少し短いと思います。

スモークミートの食べ方

手を使ってかぶりついて下さい。たまにフォークやナイフを使おうとする人を見かけますが、サンドイッチなので手で豪快に食べてもらった方がより美味しく感じられますよ。それにメニューにはのっていないのですが、お肉の脂身の量を指定することが可能です。脂身を嫌がり、少な目でオーダーする女性を多く見かけますが、最低でもミディアムで食べて欲しいです。ジューシーで柔らかいお肉を好む方は、ある程度の脂身があった方が良いと思います。本当に脂身やお肉が好きな方は”Fatty”とオーダーすることも可能です。おすすめの飲み物はチェリーコーラです。甘いコーラがお肉のスパイスを和らげてくれます。

モントリオールに訪れる人たちに一言

モントリオールに来た際には少し時間に余裕を持ってぜひ「Schwartz’s」に来てください。スモークミートサンドイッチをミディアムでオーダーして、お好みでピクルスやコールスロー、ポテトをつけてください。そこにチェリーコーラを頼めばあなたも立派なモントリオーラーですよ。

Schwartz’s – Montreal Hebrew Delicatessen

3895 Saint-Laurent Boulevard, Montreal 514-842-4813

schwartzsdeli.com

(Visited 8,361 time, 1 visit today)