キャリアの軸を決めるための3ステップ|就活に打ち勝つ!ワーホリ・留学生のための「帰国キャリア」【第33回】

 キャリア相談を受けていて、必ず聞くようにしているのがキャリアの軸。キャリアの軸とは次の仕事だけでなく長いキャリアプランの中での軸を指します。今回はそんなキャリアの軸の決め方をご紹介します。

キャリアの軸の決め方

Step1. これまでの経験をリスト化し、それぞれの満足していた点(やりがいを感じた点)・不満だった点(辞める理由となったこと)を書き出す

 新卒であれば、部活やバイト、ゼミや留学などこれまでやってきたことを細かく書き出し、それぞれの満足していた点、不満だった点を書きましょう。就業経験者の場合、待遇面、職場環境、仕事内容、人間関係など様々な面から満足していた点、不満だった点を書き出しましょう。

Step2. 将来どうなりたいか想像し、将来像の仮置きをする

 5年後どんな生活をしていたいか、家族は?働く場所は?自分の周りの人にどんな人間だと思われたい?など5年後の自分のプロフィールを作成してみましょう。

Step3. 1と2の結果から、これからの自分に必要なスキルと大切にしたい価値観を考える

 まずStep1からどんな環境であれば自分のパワーが一番発揮できるのかを見つけ出します。「数字で目に見える評価に燃える」や「これまでになかったものを作り出すとき夢中になれる」など少し具体的に言葉にしてみましょう。

 そしてStep2の将来像と今のギャップを知り、次のキャリアでどんなスキルを発揮し、どんなスキルを得たいのかを考えましょう。 

 ポイントは仕事だけですべての条件を満たそうと思わないこと。例えばマーケティングのスキル、エンジニアのスキルをノー知識&完全未経験からチャレンジするのは至難の業です。目標が高い場合は仕事以外も時間も使っていき、勉強や資格取得などで将来像に近づけていきましょう。

 キャリア軸がないまま就活を進めるのは富士の樹海を闇雲に歩くのと同じようなもの。将来像・目標という地図とキャリア軸というコンパスを持ち、人生を歩んでいってください。

帰国キャリアドットコム

篠山 美季(Miki Sasayama) Facebook: @kikokuconsulting
新卒で入社した会社ではコワーキングスペースの運営責任者として、スタートアップのビジネスマッチングや次世代の働き方のセミナーなどのイベントを数多く実施。その後、ITベンチャーの人事として入社し、採用と組織改革を行い、現在はその経験を活かし帰国者の就活の支援を行っている。