スバル・アウトバック2020 新型モデルがついにこの秋カナダで発売!|Ontario Outdoor Life with SUBARU

これまでよりもさらにオフロードに強いXTモデルが新登場!

 今年4月にニューヨークのモーターショーでお披露目された新型アウトバックがついにカナダでもこの秋から販売される。第6世代モデルとしてフルモデルチェンジを遂げたアウトバックは、季節を問わずアウトドアを楽しみたい人やファミリー層にもおすすめの一台。トロントはこれから厳しい寒さの長く続く冬がやってくる。雪が多く凍った道路でも力強く安全に走行してくれる新型モデルの特徴について解説する。

「アイサイト」とLEDヘッドライトが全てのモデルに標準装備

 これまで一部のグレードにのみ装備されていたスバルが誇る安心・安全の代名詞ともいえる先進運転支援システム「アイサイト」が全グレードに標準装備される。

 アイサイト・ツーリングアシストといわれる「車線中央維持制御システム」や「先行車追従操舵制御システム」が備えられているほか、車線逸脱および揺れなどの警告や先行車両の発進警報など、安心して安全にドライブできるように追究されてきたこれまでの技術が注ぎ込まれた運転支援システムが装備されている。

2.4リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジン搭載モデルが登場

 エンジンは2種類ラインナップされ、「2.5リットル水平対向4気筒直噴エンジン」と新たに「2.4リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジン」が登場する。

 この2.4リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載する「XTモデル」は、最大出力260hp/5600rpm、最大トルク38.3kgm/2000~4800rpmを引き出すとされ、アウトバック史上最大ともいわれる1,588kgのけん引力も発揮する。

 両エンジンともにスバルの魅力ともいわれる全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」と「ボクサーエンジン」という独自技術と各部の剛性を飛躍的に高めた次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform」の組み合わせによって、走行性能と安全性能がさらなる高いレベルに到達し、快適な乗り心地、静粛性の高い室内空間を実現している。

最新のインフォテインメントシステムを装備した縦型ディスプレイは11.6インチ

 車内の快適感と高品質な室内を演出するために新たに11.6インチ高精細インフォテイメントディスプレイが装備された。大型ディスプレイに様々な情報を集約でき、タブレット同様の感覚で操作できる。

 またカナダで初めて「Subaru STARLINK Connected Services」に対応する新型モデルは、スマートフォンのOSを問わず多様なアプリが利用できるほか、音声応答技術により、衝突時の自動衝突通知や緊急通報、コンシェルジュサービスなどの機能が備わっている。