靴下でsquashをして腰を痛めた話

こんにちは!Mayuです。
みなさんは”squash”をご存知ですか?

イメージとしては軟式壁打ちテニスみたいな感じですが、
一人で壁打ちするのではなく、2人または4人(ダブルス)で壁に打ち合って
ポイントを取り合う球技なんです。
また、ボールが小さくあまり跳ねないので、結構ラリーを続けるのが難しいです。

日本でも知られているスポーツなのですが、私はこっちに来て初めて知りました。

中学時代にソフトテニスをしていたこともあり、
久しぶりにラケットを握れるのかな~とワクワクしながら
squash courtのある友達の家に向かったはいいものの、
みんな本格的なスポーツ用の格好をしていたので
「私そんなの持ってないし、靴もこれ(スノーブーツ)1つで
トロントに来ちゃったんだけど参加できるかな?」と聞くと、
「さすがにスノーブーツではできないから、脱いでやりなよ(笑)」と言われ、
いざ靴下だけでsquashに挑戦。。。

もちろん靴下でテニスなんてめちゃくちゃ相性悪いし滑るので
気を付けようと思いながらも、前に落ちたボールをムキになって
取りに行こうとしちゃったんですよね。

そしたら面白いぐらい綺麗に滑りました。
もう漫画みたいな、「ツルッ!ドシーン!」という感じです。

そして腰を強打してしまい、本当に痛くて2分ぐらい動けず喋れずで
死を覚悟、、、、するより先に保険の心配をしてました(笑)

病院送りは嫌だー!!と必死に言い聞かせ(?)、
痛みを気にしないようにしながら裸足でゲームを再開しました。

最初から裸足でやればよかった、、、、、
なんで靴下でやろうと思ったんだろう、、、、
アホすぎますよね、、、、、

一部始終を見ていた友達が
「Mayuと対戦するときは裸足になろう!」と言って
毎回毎回靴を脱いでくれて、申し訳なさを感じながらも
また外国の人達の優しさに触れました。

この後2日間くらいは思うように腰を曲げられず
おばあちゃんみたいになりながら仕事をしていましたが、
今はほぼ完治しました。

squash自体はすごく楽しいし、
トロント内にコートやクラブもいくつかあるみたいなので、
興味を持っていただけた方は是非遊びに行ってみてください!

私もちゃんとしたシューズとウェアを買って
また挑戦したいと思います。

それでは!

Mayu

限られた時間の中でできるだけ色んなことをしたいです。ワーホリ中の「やることリスト」の一番はブロードウェイで”The Music Man”を見ること!