世界中の靴のコレクションがここに集結!「バータ靴博物館」

こんにちは、夏希です。先日、前から気になっていた「バータ靴博物館」に行ってきました!世界各国の靴を収集し展示しているユニークな博物館で、靴の博物館としては、ここトロントの「バータ靴博物館」が世界最大となっています。

バータ靴博物館

バータ靴博物館

中東で用いられているシューズ

中東で用いられているシューズ

地下階は「All About Shoes」というテーマ。年代ごと、エリアごと、宗教ごとと様々なカテゴリーで靴が整理されていていました。説明を呼んでみるとイスラムの世界では、モスクで祈るために脱ぎ着しやすいようスリッパのような靴が用いられていたり、中世ヨーロッパではハイヒールがファッションだけでなく社交界の権威の象徴として使われていたりと、驚く発見がたくさんありました。

2階「The Gold Standard」

2階「The Gold Standard」

2階にはアラスカやシベリアなど寒帯地域で使用されている「Art and Innovation」や、金の装飾の靴をコレクションした「The Gold Standard」のギャラリー、3階部分には1930年代の不況の時代に人々がデザインを進化させた靴のギャラリー「WANT」があり、内容がとても充実していました。

建物外観

建物外観

博物館内装

博物館内装

靴のコレクションもそうなのですが、もう一つ注目してもらいたいのが外観と内装。建物の建築は開いた箱にふたが乗っているような一風変わったデザインにしているそう。更に、階段に穴をあけて採光を考えたり、地下階から1階に続く階段の脇にも展示がされていたりと、内装のデザインや設計にも秀逸さを感じました。
皆さんもトロントにいる間に、ぜひ「バータ靴博物館」に訪れてみてください!