第18回 前職の結婚式で 久しぶりに旧友と再会|トロントの多様性をクリエイティブに楽しむ|特集「若者のすべて」

 いつもはエンタメや事業の話をベースにお話させていただくことが多いのですが、今回は旧友との再会があり、色々と思ったこと、感じたことがあったので書いてみたいと思います。

 私の前職は警察官。正直カナダに来た当初はそんなこと言えませんでした。警察官辞めて何をしているんですか?とか、カナダに来て日本へ帰ったら何をされるのですか?とかネガティブな質問が多いと自分の中で勝手に解釈していたからです。ただそれは後に私の勝手な被害妄想なのですが、「ワーキングホリデーで遊びに来た」みたいな見え方を正直嫌っていたからだと今振り返ると思います。

 カナダに来た理由は警察官という立派な(これは仕事を離れても思うので、本当に立派な仕事だと思います)仕事を辞めてでも、自分の夢(エンタメに関わる仕事)を叶えるためであって、その道中は挫折や苦しみも多かったですが、自分で決めて信じた道でもあったので必ずカナダで結果を残してやろうと強い思いでワーキングホリデー時代も過ごしていました。日本での経験をスキップしてでも海外での実績を必ず作って、日本でまた挑戦しようと。カナダに来た当初の気持ちはとても強い意思でした。

 夢を追いかけている人は本当に様々な葛藤があると思いますが、自分の道を信じて、振り切ってやり切るしかないです。過程は正直誰も評価してくれないし、その道を選んだのは自分の責任でもあります。でもやり切った後には必ず報われる世界があるのではないかと、先日前職の結婚式に行って改めて思いました。

 辞めてから何年かは「会いたくない」という思いが少なからずありましたが、今は自信を持って会えますし、今も昔も社会で戦う同志です。なので、今カナダに来ている方々は迷わず突き進んで欲しいです、自分に正直に。改めて旧友と会うことで、自分の道は間違ってなかったと再認識した日でした。

加藤 豊紀

 Creators’ Lounge Inc.代表、Japan Expo Canada Inc. (Japan Festival Canada) ディレクター、Toronto.Tokyoプロデューサー 。2012年に警察官から、クリエイターの表現の場を創るために世界へ。トロントを拠点に事業を展開する。
Twitterアカウント: GOODMUSICTOM