仕事がある有難さやお客様の温かさ、料理を作る楽しさや家族やスタッフの大切さを再確認|トロントの居酒屋風雲児【第50回】

世界各地で新型コロナウイルスによって皆さん色々と苦労されていると思いますが、私たち飲食店も今回はかなりの打撃を受けています。3月23日現在、トロントではレストランやバーの一般営業が先週から禁止され、デリバリーとお持ち帰りのみが許可されていますが、多くのお店が閉店しています。明日からは、生活に必要なお店のみ営業が許可されるという事が今日の昼に決まり、正直驚いています。この号が出る頃にはまた状況が変わっていると思います。

今まではあまり自分には関係ないと思っていましたが、これほどまでに警戒する指示が出続けると、少し前とは状況が変わってきたように思います。学校も全て閉鎖中ですが、いつになったら再開されるのかわからない状況です。外出もなるべく控えるようにとの事なので、もちろん家にいるようにしていますが、子供たちもいつものように走り回れないので、色々とストレスを抱えています。この状況がいつまで続くのかがわからないのが、なんとももどかしいですし、怖いですね。

カナダと日本

しかし、日本のニュースを見ているとカナダや世界の対応と比べ、かなり対策が遅いように感じますし、カナダという違う国から見ていると色々と心配になります。

感染者の数は少ないように見えますが、東京の人混みや電車などカナダに比べると人がかなり多く密集しているので、感染者が急増しないかとても心配です。日本でもカナダ同様、レストランやお店が全面閉鎖される事になる日も近いかもしれません。

アメリカでもニューヨーク州を始め、レストランや映画館などの閉鎖が続いていますが、なぜまだそうした対策を日本は取っていないのか少し疑問に思います。オリンピックを予定通りに開催したかったからなのか、日本人として少し恥ずかしいほどの対応の遅さです。

カナダは予定通りオリンピックが開催されるなら選手団を送らないと先立って発表をしましたが、とても潔い決断だなと感心しました。もちろん延期をしなくて良いならしないに越したことはありませんが、今回は延期にした方が良いのではないかと私も思います。

当たり前の事が当たり前でなくなる日々ですが・・・

しかし、今回のように飲食店として営業ができなくなり、当たり前の事が当たり前でなくなる日々ですが、仕事のあるありがたさやお客様の温かさ、料理を作る楽しさや家族やスタッフの大切さなど色々と再確認するいいタイミングでもあったなと少しでも前向きに捉え、前に進む準備をしていければと思います。

正直、いつまでこの状況が続くのかわかりませんが、少しでも早く落ち着くことを祈りながら、準備をしていきたいと思います。

もし皆さんの中で困っている方がいたらいつでも声をかけて下さい

大したことは出来ないですが、美味しいご飯作れます!まだトイレットペーパーもあります!「UberEats」もやってます!もし力になれることがあったらいつでもどうぞ!こんな時こそ助け合いです。なかなか辛い時ですが、なるべく外出は控えて、コロナが世界からいなくなることを祈りましょう。皆さん、手洗いも忘れずに!

1お店営業しちゃダメって、初めてです… 2今年もアイスフィッシンは出来なかったけど、シムコー湖までドライブ 3本当にトイレットペーパー無いんですね… 

4パスタも全然無い… 5家族で食べるご飯はやっぱり美味しいですね! 

6・7家の近くでお散歩 8一応マスクは買ったけど、韓国製で$6.99…… 

9家にずっといると可愛そうなので、子供と三人でドライブ 10公園でもマスクは忘れずに!

ogasawara-masaru-profile

小笠原 克 Ogasawara Masaru

日本ではファッションブランドGapでアルバイトからマネージャーまで7年間勤務、新規店の立ち上げや日本売り上げNo.1店舗での管理職を経験し、2005年にワーキングホリデーでバンクーバーに渡加。ファッション業界からの転身となるが、調理師免許保持や両親の飲食関係の仕事の影響などもあり、大人気居酒屋Guuでワークビザを取得し男前店で副店長を務める。その後2009年トロントでのFC立ち上げ総責任者に任命されトロントへ。寒い冬でも毎日行列のできる大繁盛店となり、トロントの日本食パイオニアとなる。2014年にはKinkaFamily Inc.の副社長に就任し、居酒屋の他、ラーメン、寿司、焼き鳥などのブランドを管理、2015年10月末GuuとのFC契約終了とともに独立・起業。現在は世界で皆に愛される飲食店を開業できるようにと奮闘中。